ラオコオン

百科事典マイペディアの解説

ラオコオン

ギリシア伝説で,トロイアの王子でアポロン神官トロイア戦争のとき木馬搬入に反対して,アテナが送った2匹の大蛇に息子二人とともに締め殺された。この姿を表す大理石彫刻《ラオコオンと息子たち》(1506年ローマのティトゥス帝浴場跡で発見,バチカン美術館蔵)は前1世紀ロードスの彫刻家たちによるもので,そのローマ的に過剰な悲劇性は後代に影響を与え,レッシングの評論《ラオコオン》の出発点となった。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ラオコオン【Laokoōn】

ギリシア伝説で,トロイアのアポロンの神官。アンキセスAnchisēs(アエネアスの父)の兄弟。トロイア戦争の10年目に,撤退を装うギリシア軍が勇士たちをその腹中にひそませた巨大な木馬を残して戦場を去ったとき,それが女神アテナへの奉納品どころか,敵の詭計にほかならないと見抜いた彼は,木馬を城内に引き入れることに反対したが,海から現れた2匹の大蛇に2人の息子ともども締め殺された。この大蛇は,彼が神官の身にもかかわらず,結婚して子どもをもうけた罰としてアポロンが送ったとも,アテナが木馬の城内引入れに反対した彼を罰するために送ったともいわれる。

ラオコオン【Laokoon】

啓蒙思想家レッシングによる芸術論(1766)。トロイアの神官ラオコオン非業の死をあらわす大理石群像と,この出来事を歌ったウェルギリウス詩句との比較を手がかりに,〈絵画(美術一般)と文学との限界〉を説く。両者は,古来いい習わされた近親関係にもかかわらず,模倣の対象,媒材,技法を異にし,絵画は空間に並存する〈物体〉を形と色によって,文学は時間とともに継起する〈行為〉を分節音(言語)によって描く。それゆえ,絵画が〈行為〉を,文学が〈物体〉を描いて美的効果をあげるには,それぞれ特殊なくふうを必要とする。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

寒暖差アレルギー

寒暖の差により鼻の奥の毛細血管が詰まり、鼻の粘膜が腫れることで起きる鼻炎。医学的には血管運動性鼻炎の一種とされる。多くの場合秋から冬にかけて1日の寒暖差が大きい時期や冷房による急な温度変化などにより起...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android