コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオコーン ラオコーンLaokoōn

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラオコーン
Laokoōn

ギリシア神話の人物。トロイ王プリアモスの義兄弟アンテノルの息子で,トロイのアポロン神殿の祭司となり,アンチオペと結婚して2人の息子をもうけたが,妻と神像の前で交合する不敬を働き,神を怒らせた。トロイ戦争の終りに,ギリシア軍が勇士たちの隠れた木馬をあとに残して,海に出たとき,カッサンドラとともにこの木馬を城内に引入れることに反対したが,そのあとでポセイドンに雄牛を犠牲に捧げようとしていると,2頭の巨大なへびが海から出てきて,彼の2人の息子に巻きつき,助けようとしたラオコーンも一緒に締め殺されてしまった。これはアポロンがラオコーンの過去の不敬を罰したものだが,そうとは知らぬトロイ人たちは,木馬を市内に入れるのに反対した彼の態度が神罰を受けたものと思い込み,木馬を城内に引入れた。その結果トロイは,その夜のうちにギリシア軍に攻略され,滅亡することになったという。

ラオコーン
Laokoon, oder über die Grenzen der Malerei und Poesie

ドイツの劇作家批評家 G.E.レッシングの芸術論。 1766年刊。副題「絵画文学との境界」。ギリシア彫刻の『ラオコーン群像』 (バチカン美術館) とウェルギリウスの『アエネイス』の同じ題材を扱った部分との比較を通じて,ウィンケルマンの説を批判し,空間芸術としての絵画と時間芸術としての文学との相違を説いている。ヘルダーらの反論を招いたが,ウィーラント,ゲーテらに多大の影響を与えた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ラオコーン

Laokoōnギリシャ神話で、トロイアのアポロン神殿の祭司。トロイア戦争の末期に、ギリシャの兵士が体内に潜む巨大な木馬を怪しみ、これを城内に引き入れることに反対した。このため女神アテナの怒りに触れ、二人の息子もろとも大蛇に絞め殺された。その臨終を扱ったバチカン美術館蔵の大理石群像はヘレニズム期の代表的彫刻。
《原題、〈ドイツ〉Laokoonレッシングの著作。1766年刊。副題「絵画と詩の境界について」。ギリシャ彫刻のラオコーン群像を題材に、造形美術と文学との差異を論じた美学論文。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

大辞林 第三版の解説

ラオコーン【Laokoōn】

○ ギリシャ神話のトロイアのアポロン神の神官。トロイ戦争の際、木馬を市内に引き入れることに反対したために女神アテナの怒りを買い、二子とともに大蛇に締め殺されたという。
を題材にした大理石の群像彫刻。1506年ローマで発掘され、ルネサンス美術に大きな影響を与えた。バチカン美術館蔵。
芸術論書。レッシング著。1766年刊。を題材にした作品をもとに、造形美術と言語表現の差異を論じる。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラオコーンの関連キーワードレッシング(Gotthold Ephraim Lessing)ナショナル・ギャラリー[ワシントン]ワシントン・ナショナル・ギャラリーラオコーン(レッシングの美学論文)ラオコーン(ギリシア神話)ピオ・クレメンティノ美術館タデウシュ ルジェビチブライティンガールネサンス美術ハゲサンドロスギリシア美術エル・グレコアタノドロス新ラオコーンルジェビッチロードス島比較美学バビット黄金宮殿うわばみ

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android