コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラオコーン ラオコーン Laokoōn

4件 の用語解説(ラオコーンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラオコーン
ラオコーン
Laokoōn

ギリシア神話の人物。トロイプリアモス義兄弟アンテノルの息子で,トロイのアポロン神殿の祭司となり,アンチオペと結婚して2人の息子をもうけたが,妻と神像の前で交合する不敬を働き,神を怒らせた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ラオコーン
ラオコーン
Laokoon, oder über die Grenzen der Malerei und Poesie

ドイツの劇作家,批評家 G.E.レッシングの芸術論。 1766年刊。副題「絵画と文学との境界」。ギリシア彫刻の『ラオコーン群像』 (バチカン美術館) とウェルギリウスの『アエネイス』の同じ題材を扱った部分との比較を通じて,ウィンケルマンの説を批判し,空間芸術としての絵画と時間芸術としての文学との相違を説いている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラオコーン

Laokoōnギリシャ神話で、トロイアアポロン神殿の祭司。トロイア戦争の末期に、ギリシャの兵士が体内に潜む巨大な木馬を怪しみ、これを城内に引き入れることに反対した。このため女神アテナの怒りに触れ、二人の息子もろとも大蛇に絞め殺された。その臨終を扱ったバチカン美術館蔵の大理石群像はヘレニズム期の代表的彫刻。
《〈ドイツ〉Laokoonレッシングの著作。1766年刊。副題「絵画と詩の境界について」。ギリシャ彫刻のラオコーン群像を題材に、造形美術と文学との差異を論じた美学論文。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

ラオコーン【Laokoōn】

○ ギリシャ神話のトロイアのアポロン神の神官。トロイ戦争の際、木馬を市内に引き入れることに反対したために女神アテナの怒りを買い、二子とともに大蛇に締め殺されたという。
を題材にした大理石の群像彫刻。1506年ローマで発掘され、ルネサンス美術に大きな影響を与えた。バチカン美術館蔵。
芸術論書。レッシング著。1766年刊。を題材にした作品をもとに、造形美術と言語表現の差異を論じる。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラオコーンの関連キーワード

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone