ラグビーワールドカップ2019日本大会(読み)らぐびーわーるどかっぷ2019にほんたいかい(英語表記)Rugby World Cup 2019

知恵蔵の解説

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定する。大会運営はワールドラグビーから委託されたラグビーワールドカップリミテッド(Rugby World Cup Limited)が行う。
ラグビーワールドカップは1987年に第1回大会が行われ、その後4年に1度ずつ開催されて、日本大会が9回目となる。この2019年大会には日本、南アフリカ、イタリアの3カ国が立候補していたが、09年7月に行われた国際ラグビー評議会((International Rugby Board)=ワールドラグビーの前身組織)の理事会において、日本での開催が決定した。会場がアジアとなるのは、19年大会が初である。
大会参加国は、まず開催国である日本。前回の15年大会において、5カ国ずつ4つのグループで行われた各リーグ戦の上位3位までに入ってベスト12入りしたニュージーランド、オーストラリア、南アフリカ、アルゼンチン、ウェールズ、フランス、アイルランド、スコットランド、イングランド、ジョージア、イタリアの11カ国(日本もベスト12入りしたが開催国のためここでは除く)。それにヨーロッパ、オセアニア、アフリカ、アメリカの世界各地区の予選及びプレーオフを勝ち上がったロシア、フィジー、トンガ、サモア、ナミビア、アメリカ、ウルグアイ、カナダの8カ国。計20カ国が参加して行われる。
大会会場として日本国内の15の都市が立候補したが、札幌市、岩手県・釜石市、埼玉県・熊谷市、東京都、神奈川県・横浜市、静岡県、愛知県・豊田市、大阪府・東大阪市、神戸市、福岡県・福岡市、熊本県・熊本市、大分県の12の都市で開催されることが、2015年3月に行われたラグビーワールドカップリミテッドの理事会で決定した。
大会は出場する20カ国を5カ国ずつ4つのグループに分けてリーグ戦を行い、それぞれのグループで上位2位までに入った8カ国で準々決勝、準決勝、決勝戦がトーナメント方式で行われる。また準決勝で敗れた2カ国で、3位決定戦も行われる。
日本は過去のワールドカップ8大会すべてに出場しており、今回で9大会連続9回目の出場となる。しかしこれまで勝ち星を挙げたのは、1991年の第2回大会でのジンバブエ戦(52対8)、2015年の第8回大会での南アフリカ戦(34対32)、サモア戦(26対5)、アメリカ戦(28対18)の4試合しかなく、トータルで4勝22敗2引き分けという結果しか残せていない。15年大会では5カ国による予選リーグで、上記のように3勝を挙げた。特にワールドカップで2度の優勝を誇る強国・南アフリカに勝利したときには、“ジャイアントキリング”“スポーツ史上最大の番狂わせ”などと世界中に衝撃を与えたが、勝ち点の差で上位2チームには入れず、ベスト8入りして決勝トーナメントに進むことはできなかった。地元開催となる19年大会では、初のベスト8進出、さらにはそれ以上となる結果が期待されている。

(場野守泰 ライター/2019年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

特定非常災害

著しく異常かつ激甚な非常災害。死者・行方不明者・負傷者・避難者などの罹災者(りさいしゃ)および住宅の倒壊などの被害が多数発生し、交通やライフラインが広範囲にわたって途絶し、これによって地域全体の日常生...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラグビーワールドカップ2019日本大会の関連情報