コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラゲ ラゲ Raguet, Émile

3件 の用語解説(ラゲの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラゲ
ラゲ
Raguet, Émile

[生]1854. ブレーヌルコント
[没]1929.11.3. 東京
ベルギー宣教師パリ外国宣教会所属の司祭。 1879年来日,鹿児島,長崎など九州各地で布教。日本語をよくし,ウルガタ訳聖書を基礎に新約聖書を日本語に訳したが,これは「ラゲ訳」として長く日本のカトリック教会で愛用された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ラゲ

パリ外国宣教会司祭。ベルギー生れ。1879年来日,九州で布教した。新約聖書を邦訳,1905年《仏和会話大辞典》(J.M.マルタンの補訂を経て現在も用いられる)を出版。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラゲ Raguet, Emile

1854-1929 フランスの宣教師。
1854年10月24日ベルギー生まれ。明治12年(1879)パリ外国宣教会から派遣されて来日。29年鹿児島教会司祭。同地で「仏和会話大辞典」を編集し,「新約聖書」を翻訳し刊行。43年長崎市浦上教会司祭となり,大正3年浦上天主堂を完成させた。昭和4年11月3日東京で死去。75歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

ラゲの関連キーワードジラールブーベルモアーヌペリアドネエンソルクールテシュタイシェンマルナスミドン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラゲの関連情報