ラゲ(英語表記)Raguet, Émile

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラゲ
Raguet, Émile

[生]1854. ブレーヌルコント
[没]1929.11.3. 東京
ベルギーの宣教師。パリ外国宣教会所属の司祭。 1879年来日,鹿児島,長崎など九州各地で布教。日本語をよくし,ウルガタ訳聖書を基礎に新約聖書を日本語に訳したが,これは「ラゲ訳」として長く日本のカトリック教会で愛用された。またラゲの編纂した仏和辞典は,日本における初めての本格的体裁を整えた仏和辞典として明治,大正期のフランス語学習に貢献。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラゲ

パリ外国宣教会司祭。ベルギー生れ。1879年来日,九州で布教した。新約聖書を邦訳,1905年《仏和会話大辞典》(J.M.マルタン補訂を経て現在も用いられる)を出版。カトリック教義・修徳の著・訳書も多い。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ラゲ Raguet, Emile

1854-1929 フランスの宣教師。
1854年10月24日ベルギー生まれ。明治12年(1879)パリ外国宣教会から派遣されて来日。29年鹿児島教会司祭。同地で「仏和会話大辞典」を編集し,「新約聖書」を翻訳し刊行。43年長崎市浦上教会司祭となり,大正3年浦上天主堂を完成させた。昭和4年11月3日東京で死去。75歳。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android