コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラシャ(羅紗) ラシャ

1件 の用語解説(ラシャ(羅紗)の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ラシャ【ラシャ(羅紗)】

紡毛織物の一種。地が厚く純毛製と毛綿混紡製があり,織目の見えないように縮絨(しゆくじゆう),起毛,剪毛(せんもう)の加工仕上げを行ったものの総称。ほかに梳毛糸(そもうし)を使ったものもあり,織目が見えて起毛を行わないものも含む。平織,綾織,繻子(しゆす)織で,色は紺,黒,緋,茶,褐色,霜降りが多い。名称はポルトガル語のラーシヤraxaに由来する。ヨーロッパでは毛皮に似せて作られたといわれ,14世紀ころすでにセルビア(現,ユーゴスラビア)の古称であるラシュカRaškaで特産品として織られており,ドゥブロブニクの商人を通じてイタリアスペインポルトガルドイツハンガリーなどヨーロッパ諸国に広まった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のラシャ(羅紗)の言及

【毛織物】より

…しかし16世紀半ば以降,南蛮船によってもたらされた羊毛の布地(毛織物)に触れた日本人は,それが羊毛だという意識をいっさいもたずに,ただ従来の衣料の素材にはない優れた質感や特性を知って,毛織物に深い憧憬の念を抱くようになった(以来,明治大正に至っても,羊の毛でつくられた毛織物という認識は一般にはまったくなかった)。初めて日本にもたらされたヨーロッパ産の毛織物は,1555年(弘治1)に来航したポルトガル政府官許の貿易船が舶載したラシャ(羅紗)であるが,その後もラシャやその中の最高級品〈猩々緋(しようじようひ)〉などが,以後日本との貿易を円滑にするために藩主たちへ献上されつづけた。たとえばゴア総督の使節は,徳川家康に金糸でししゅうした〈羅紗十端〉を献上している。…

※「ラシャ(羅紗)」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラシャ(羅紗)の関連キーワード混紡ツイードフランネルベロア紡毛織物純毛モッサ羅紗カージー飛び紗綾

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone