コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サテン satin

翻訳|satin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サテン
satin

織物組織の名称。日本語では繻子 (しゅす) 。経糸,緯糸の交錯点を一定の間隔に配置した,経糸または緯糸の浮きが多い組織で,光沢があり,柔軟で滑りがよく,摩擦に弱い。綜絖 (そうこう) の数により何枚繻子織という。基本は正則繻子織と経繻子織と緯繻子織で,ほかに変化組織として変則繻子織,広げ繻子織,重ね繻子織,昼夜繻子織,ぼかし繻子織,花崗織がある。英語の satinは本来,絹または人造繊維の長繊維の織物をさし,綿,毛など短繊維のものは sateenという。柄は無地,プリント,紋,縞,格子。種類は繊維,組織,色糸による文様,そのほかの柄などにより多種多様で各種の名称がある。用途は,帯,和服,半襟,足袋,婦人服,ネクタイ,袋物,裏布,ふとん,など。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サテン

繻子(しゅす)織物のこと。一般に洋服地をサテンという。光沢がよくなめらかなので婦人服地,裏地,洋傘地などに使われる。本来は絹だが,最近は綿,毛,化繊合繊でも作られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サテン【satin】

織物の三原組織の一つである繻子(しゆす)組織を用いた織物のこと。朱子,繻子と呼び,古くは八糸緞とも称した。本来は本繻子といい,絹製を指す。綿や毛のものはサティーンsateenと呼ぶ。サテンの語源は中国の町の名に由来するとされる。日本には中国,オランダから渡来し,天正年間(1573‐92)に京都でその技法をまねて作られた。組織は5枚,7枚繻子が多く使われ,7枚~12枚繻子等がある。経糸を表面に浮かした経繻子,逆に緯糸を表面に浮かした緯繻子,両面繻子のほか,生繻子であるサテン・クレープ(繻子ちりめん),繻子羽二重,紋綸子(りんず)や先練繻子の黒繻子などがある。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

サテン【satijn; satin】

繻子しゆす 」に同じ。 〔中国の輸出港(現在の泉州港)の名に由来する〕

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サテン
さてん
satin

日本の朱子(しゅす)織にあたり、織物三原組織の一つ、あるいはその名称。経糸(たていと)と緯糸(よこいと)の組織点を1点の間隔に配置した経糸または緯糸の浮きが多い組織。経糸の浮きが多いものを経朱子satin、緯糸の浮きが多いものを緯朱子sateenといい、5枚朱子、8枚朱子、12枚朱子などがある。組織点が連続することなく平均して分布しているため、滑らかで光沢のある織物であるが、摩擦に弱いのが欠点である。綿、絹、化合繊でつくられ、洋傘地、カーテン、婦人服地などに使われる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサテンの言及

【繻子】より

…朱子とも書く。繻子組織による織物をさし,英語では絹製の場合はサテンsatin,綿製,毛製の場合はサティーンsateenと区別する。その特色は平織や綾織に比して経(たて)糸が密で,組織点がまばらに飛んで連続していないため表面が経糸の浮糸に覆われ,滑らかで光沢に富み,かつ柔軟なことにある。…

※「サテン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サテンの関連キーワードイン・ザ・スティル・オブ・ザ・ナイトエドワード・ケネディー エリントンシャーリング(手芸)サーティーズ・ルックウェディング・ドレスボビー ハンフリーウェディングドレスダブルジョーゼットケイト スペードイブニングドレスチュール刺しゅうリボン刺しゅうトウ・シューズトー・シューズ欧風刺しゅうキルティングリングピロー白糸刺しゅうイスラム工芸区限刺しゅう

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サテンの関連情報