コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラスパルマス Las Palmas

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラスパルマス
Las Palmas

正式名称はラスパルマスデグランカナリア Las Palmas de Gran Canaria。アフリカ大陸北西岸沖,カナリア諸島中部のグランカナリア島にある港湾都市。スペインの島嶼県ラスパルマス県の県都で,同諸島最大の都市となっている。 1478年島の北東岸に建設され,西のテネリフェ,ラパルマ両島に対するスペインの征服戦争の基地として利用され,のちスペイン本国とアメリカ大陸の植民地を結ぶ航路上の重要な基地となった。 1883年大規模な港湾が建設されてから本格的に発展しはじめ,海岸線に沿って新市街が形成された。現在大西洋航路の船舶の主要寄港地で,給油施設が完備。日本漁船の遠洋漁業の給油地としても利用される。主要積出品は,島に産するバナナ,トマトなどの農産物。冬季の温暖な気候と美しい砂浜に恵まれ,観光業も重要な産業となっている。市内には 15世紀にさかのぼる古い建築物や,先住民グアンチェ族の遺物を集めた博物館などがある。南郊に国際空港がある。人口 34万 2030 (1991推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

キラウエア火山

ハワイ諸島の南東端、同諸島中最大のハワイ島南東部を占める玄武岩質の活火山。標高1222メートル。島の中央部にあるマウナ・ロア山、マウナ・ケア山と同様に、傾斜が平均6~7度の緩やかな楯状(たてじょう)火...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラスパルマスの関連情報