コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパチョウ Psophia crepitans; grey-winged trumpeter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッパチョウ
Psophia crepitans; grey-winged trumpeter

ツル目ラッパチョウ科。全長 48~56cm。はやや長く,脚も長いが,体型は全体に丸い。羽色頭部,頸,背上部,胸から腹は金属光沢のある黒色で,胸に虹色に輝く緑色の部位がある。頭部と頸の羽毛は短い。背下部と雨覆羽灰白色アマゾン川流域の熱帯雨林に生息する。おもに地上で暮らし,食べ物は地面に落ちた果実が主だが,昆虫やヘビなども食べる。驚いて逃げるときやねぐら入りするときには飛んで樹上に上がる。3~12羽の雌雄混合の集団で共同繁殖し,4~15mの高さにある樹洞内に巣をつくる。産卵は優位な雌だけが行ない,抱卵は群れのすべての成鳥が交代で行なう。孵化したばかりのはまだ飛べないが,飛び降りて地上で生活する。なお,ラッパチョウ科 Psophiidaeは 3種からなり,すべてアマゾン川流域の熱帯雨林に生息している。群れをつくって生活し,ツル目に特有のよく響く声で鳴くのでその名がつけられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラッパチョウ
らっぱちょう / 喇叭鳥
trumpeter

鳥綱ツル目ラッパチョウ科に属する鳥の総称。この科Psophiidaeには、セアカラッパチョウPsophia crepitans、ハジロラッパチョウP. leucoptera、アオバネラッパチョウP. viridisの3種がある。ベネズエラからブラジル南部およびボリビア北東部にかけての熱帯南アメリカに分布する。全長43~53センチメートル。ずんぐりした鳥で、猫背なのが特徴である。羽色は、3種とも体は金属光沢のある紫黒色で、体の後ろに垂れ下がった次列風切(かざきり)と肩羽は種によって白色ないし緑色をしている。ジャングルの地上にすみ、繁殖期以外は20~30羽の小群で生活している。飛翔(ひしょう)力は弱く、追われても遠くまで飛ぶことはめったにない。食物は地面に落ちている果物や漿果(しょうか)、地表の昆虫類やクモなどである。繁殖習性はまだよくわかっていない。まれに動物園などに飼育されている。[森岡弘之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ラッパチョウの関連キーワードラッパチョウ(喇叭鳥)ジャガランデー青羽喇叭鳥羽白喇叭鳥喇叭鳥

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android