コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパチョウ ラッパチョウ Psophia crepitans; grey-winged trumpeter

2件 の用語解説(ラッパチョウの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッパチョウ
ラッパチョウ
Psophia crepitans; grey-winged trumpeter

ツル目ラッパチョウ科。全長 65cm。体の大部分は青色光沢のある黒色で,頸はやや長く,脚も長い。おもに地上で活動し,地上に直接産卵する。なお,ラッパチョウ科 Psophiidaeは3種から成り,すべてアマゾン川流域の熱帯雨林に生息している。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラッパチョウ
らっぱちょう / 喇叭鳥
trumpeter

鳥綱ツル目ラッパチョウ科に属する鳥の総称。この科Psophiidaeには、セアカラッパチョウPsophia crepitans、ハジロラッパチョウP. leucoptera、アオバネラッパチョウP. viridisの3種がある。ベネズエラからブラジル南部およびボリビア北東部にかけての熱帯南アメリカに分布する。全長43~53センチメートル。ずんぐりした鳥で、猫背なのが特徴である。羽色は、3種とも体は金属光沢のある紫黒色で、体の後ろに垂れ下がった次列風切(かざきり)と肩羽は種によって白色ないし緑色をしている。ジャングルの地上にすみ、繁殖期以外は20~30羽の小群で生活している。飛翔(ひしょう)力は弱く、追われても遠くまで飛ぶことはめったにない。食物は地面に落ちている果物や漿果(しょうか)、地表の昆虫類やクモなどである。繁殖習性はまだよくわかっていない。まれに動物園などに飼育されている。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラッパチョウの関連キーワードがらっぱち自棄っぱち嘘っぱちヤラッパ根てっぱちやネコッパチラッパチョウ(喇叭鳥)アオバネラッパチョウセアカラッパチョウハジロラッパチョウ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone