コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラッパムシ ラッパムシStentor

3件 の用語解説(ラッパムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラッパムシ
ラッパムシ
Stentor

原生生物界アルベオラータ門ラッパムシラッパムシ属に含まれる種類の総称。体長 0.08~2mm内外。体はトランペット形で全体表に繊毛をもつ。体の後端に突起があり,これで他物に付着する。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ラッパムシ

繊毛虫門原生動物の総称。体はラッパ形で,体長1〜2mm。体の表面は短い繊毛でおおわれる。体色は無色,褐色,淡紅色や青色など種によりさまざまであるが,体内の共生物のために緑色に見えるときもある。
→関連項目繊毛虫

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラッパムシ
らっぱむし / 喇叭虫

原生動物の繊毛虫門多膜綱異毛目ラッパムシ科の1属Stentorの総称。ほとんどが淡水種。体はトランペット形で、最大種の体長は3ミリメートルに達する。体表下に収縮性繊維があり、体を収縮弛緩(しかん)できる。普通、体後端部で水中の石や沈水物に付着しているが、体を卵形にして遊泳もする。体前端の口部領域を除き、体は繊毛で一様に覆われる。口部の約20本の繊毛が一列に並んで小膜adoral zone membranellaeをなし、それらが口部を2周する螺旋(らせん)を形成する。その繊毛運動で渦水流を生じ、藻、細菌、原生動物、ワムシを口部基部の細胞口から食胞へ取り込む。不消化物は口部近くの収縮胞のそばの細胞肛門(こうもん)から排出する。大核は大部分の種が数珠(じゅず)状で、紐(ひも)状や卵形の種もある。小核は大核と並置。二分裂で増えるが、娘(じょう)細胞の口部原基をつくったのち、分裂する点で独得。接合もする。色素や共生藻の有無により、青、褐色、ピンク、緑など種特有の体色を呈す。再生力が著しく、体を4分割しても大核の一部を含む細胞片はすべて完全に再生できる。最大種で、青色素stentorinをもつStentor coeruleus、共生クロレラをもつS. polymorphus、褐色で体の周囲にゼラチン様の筒をつくるS. Mlleriなど十数種知られる。[堀上英紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラッパムシの関連情報