コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

収縮胞 しゅうしゅくほうcontractile vacuole

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

収縮胞
しゅうしゅくほう
contractile vacuole

原生動物にみられる拡張と収縮を周期的に繰返し,排出浸透圧調節の機能をもつ空胞。淡水産原生動物は,これを必ずもち,海産内部寄生の種では繊毛虫類以外ではこれを欠くことが多い。数や形は種類により異なる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

しゅうしゅく‐ほう〔シウシユクハウ〕【収縮胞】

淡水産の原生動物にみられる空胞。収縮・拡張を繰り返し、体内の老廃物排泄(はいせつ)、浸透圧調節作用を行う。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

収縮胞【しゅうしゅくほう】

原生動物などの細胞器官の一種で,周期的に収縮と拡張を行う液胞。水分調節(浸透調節)がおもな機能で,細胞質から液を集めて体外に放出する。外部環境と体液との間の塩類濃度の差が大きい淡水産原生動物によく発達。
→関連項目アメーバ液胞細胞器官排出器官

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

しゅうしゅくほう【収縮胞】

主に淡水産の原生動物にみられる細胞器官。収縮と拡張を周期的に反復し、浸透圧の調節や排出に関与する。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

収縮胞
しゅうしゅくほう

淡水産の原生動物に特有の液胞で、主として浸透圧の調節を行う。多くの種類では1個であるが、2個以上の場合もある。胞は周期的に拡張と収縮を繰り返し、膨れるときには体内の余分な水が集められ、縮むときには胞液を瞬時に体外へ排出し、胞の姿が消失する。収縮の動力は体の内圧による。胞の構造は動物の種類によって異なるが、体と同じ体積の液量を排出するのに約50分間かかる。[片島 亮]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内の収縮胞の言及

【液胞】より

…藍藻類の細胞には液胞はあまり発達しないが,ユレモなど浮遊性のものには細胞液の入らない空胞gas vacuoleをもつものがある。なお原生動物にみられる食胞・収縮胞を液胞の一種とみなすこともある。【岩槻 邦男】。…

【排出】より

…これらの動物では窒素老廃物は水に難溶性の尿酸として排出される(尿酸排出動物)。腎臓尿【佃 弘子】
【排出器官excretory organ】
 無脊椎動物の排出器官は収縮胞,原腎管,腎管の三つに大別され,その形態や構造はさまざまである(表)。排出器官は本来,代謝の結果生じた老廃物を排出するための器官であるが,それに伴う種々な働き,例えば浸透圧調節や体液中の各種のイオン濃度の調節などにも関係し,環形動物では生殖細胞の体外への放出にも利用されている。…

※「収縮胞」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

収縮胞の関連キーワードクラミドモナスボルボックスゾウリムシミドリムシ細胞小器官アメーバ類ラッパムシキロモナス肉質虫類繊毛虫片島器官

今日のキーワード

明鏡止水

《「荘子」徳充符から》曇りのない鏡と静かな水。なんのわだかまりもなく、澄みきって静かな心の状態をいう。「明鏡止水の心境」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android