コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテンアメリカ核兵器禁止条約 ラテンアメリカかくへいききんしじょうやく

2件 の用語解説(ラテンアメリカ核兵器禁止条約の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラテンアメリカ核兵器禁止条約
ラテンアメリカかくへいききんしじょうやく

正式には「ラテンアメリカにおける核兵器の禁止に関する条約」 Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America。中南米非核地域条約とも,またこの条約の準備委員会が開かれたメキシコシティー内の地名をとってトラテロルコ条約とも呼ばれている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラテンアメリカ核兵器禁止条約
らてんあめりかかくへいききんしじょうやく
Treaty for the Prohibition of Nuclear Weapons in Latin America

ラテンアメリカカリブ地域に、あらゆる意味で核兵器から隔絶した地域を設けることを目的としている条約。メキシコ・シティの署名地にちなみ、トラテロルコ条約ともいう。1962年10月のキューバ危機を契機に、核兵器を含む紛争に巻き込まれることを懸念したメキシコなどのイニシアティブにより交渉が開始された。1967年2月に条約がまとまり署名のために開放され、1968年4月に発効した。適用地域全体での条約の発効には、ラテンアメリカ・カリブ地域のすべての国家による条約の批准、この地域に属領などをもつすべての国家、および五つの核兵器国すべてによる議定書の批准という厳しい条件がある(29条1項)。しかし同条2項にこの発効条件を放棄できることが規定されており、放棄した場合はその締約国の領域に限って条約が発効する。各国はこの仕組みを使い、順次それぞれの国家領域で条約を発効させた。最後のキューバが2002年10月に批准し、ラテンアメリカ、カリブ地域33か国すべてが締約国となった。人間の居住地域を対象とした最初の核兵器禁止地域条約で、この地域において締約国は、核兵器の実験、使用、製造、生産、管理、貯蔵、配備等が禁止される。第一議定書は、この地域に属領などをもつイギリスフランス、アメリカ、オランダに属領などの軍事的な非核化を求めているが、対象4か国すべてが批准している。第二議定書は、アメリカ、ロシア、イギリス、フランス、中国の五つの核兵器国に、締約国に対する核兵器の使用、使用の威嚇を禁止するものであるが、5核兵器国はそれぞれ留保を付しながらも批准しており、結果的に地域的な核兵器使用禁止の取り決めとなっている。[納家政嗣]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラテンアメリカ核兵器禁止条約の関連キーワードアングロアメリカ戦術核兵器ラテンアメリカ戦域核兵器ラテンアメリカカリブ経済委員会ラテンアメリカ経済委員会ラテンアメリカにおける想像と暴力ラテン・アメリカ経済機構ラテン・アメリカ自由貿易連合大気圏,大気圏外空間,および海水における核兵器実験を禁止する条約

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラテンアメリカ核兵器禁止条約の関連情報