コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラテン・アメリカ映画 ラテンアメリカえいが

世界大百科事典 第2版の解説

ラテンアメリカえいが【ラテン・アメリカ映画】

ラテン・アメリカでつくられる映画,すなわちいわゆる〈ラテン・アメリカ映画〉を代表する国は,メキシコとブラジルとアルゼンチンで,そのほかチリ,コロンビア,ペルー,ベネズエラ,キューバ,ボリビアにも,ささやかながら力強い〈第三世界の映画〉の動きがある。
[メキシコ映画]
 1931年,革命後のメキシコの姿を記録するためにセルゲイ・M.エイゼンシテインを中心とするソビエト映画人グループが約1年間メキシコに滞在,《メキシコ万歳!》(未完)を撮影するが,その刺激のもとにメキシコ映画は出発したといわれる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

ラテン・アメリカ映画の関連キーワードラテン・アメリカ

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android