コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラハイナ ラハイナLahaina

世界の観光地名がわかる事典の解説

ラハイナ【ラハイナ】
Lahaina

アメリカのハワイ州マウイ島、西マウイに位置する街。1845年にホノルル遷都(せんと)するまでハワイ王国の首都が置かれたところで、かつては捕鯨サトウキビの輸出で栄えた。約2km続くフロントストリートには、当時の面影を残す木造建築のノスタルジックな町並みが保存され、国の歴史保護区に指定されている。美しいサンセットを見ることができるところとしても知られている。

出典 講談社世界の観光地名がわかる事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ラハイナ(Lahaina)

米国ハワイ州、マウイ島西部の都市。18世紀末、ハワイ統一をなしとげたカメハメハ1世が都を置いた地。19世紀前半は捕鯨基地として栄えた。現在は同島の観光の中心地

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ラハイナの関連キーワードマウイ島のアトランティスサブマリンラハイナのバニアンツリーDEPAPEPEマウイ[島]砂糖キビ列車ハレパアハオワイオラ教会カメハメハ中本賢

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android