ラパロ条約(読み)らぱろじょうやく

日本大百科全書(ニッポニカ)「ラパロ条約」の解説

ラパロ条約
らぱろじょうやく

イタリアジェノバ近郊ラパロRapalloで締結された条約で、二つある。(1)1920年11月12日、イタリア、ユーゴスラビア間に結ばれた条約。フィウーメ(リエカ)を自由国とし、両国間の国境を確定した。なお、フィウーメは1924年のローマ条約でイタリアのものとなった。(2)1922年4月16日、ジェノバ会議のさなかに、ドイツソ連間に締結された条約。第一次世界大戦後、敗戦国ドイツと社会主義国ソ連はともに国際的に疎外された存在であったが、ソ連はとくに経済建設と赤軍強化のためドイツとの協力を欲した。他方、ドイツ国防軍は秘密再軍備のためソ連との協力に積極的であり、ドイツ重工業界も経済協力に乗り気であった。ただ、完成品業界とくに電機業界はソ連市場に魅力を感じつつも西欧側との協力を重視していた。電機業界からドイツ外相に就任したW・ラーテナウは、当初イギリス首相ロイド・ジョージとの協力に傾いていたが、ジェノバ会議における仏ソ接近への不安感から、首相ウィルトと外務省東方局長マルツァンに説得されて、条約調印に踏み切った。ラパロ条約は、賠償その他請求権の相互放棄、外交領事関係の回復、最恵国待遇の適用、通商経済関係の促進を定めた。軍事条項はなかったが、同条約は独ソ秘密軍事協力の重要な支えとなった。独ソ両国が協力してベルサイユ体制に対抗したところに歴史的意義がある。

[栗原 優]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「ラパロ条約」の解説

ラパロ条約
ラパロじょうやく
Treaty of Rapallo

1922年4月 16日イタリアのラパロでソ連とドイツとの間で結ばれた条約。これによって両国は国交関係を樹立し,国際的孤立から脱却する手段を手に入れた。ドイツ軍部,重工業資本,外務省の「東方派」は早くから対ソ接近に熱心で,ソ連でもヨーロッパにおける革命情勢の退潮によって「革命外交」を続ける条件は次第に限られてきた。こうして 20年頃から軍事,経済両面での両国協力関係がひそかに進められていたが,22年4月ジェノバで開催された国際経済会議に出席していた両国代表によって,突如条約が調印された。国交再開のほか相互に賠償請求権を放棄し,ドイツはソ連によって国有化されたドイツ資産の補償を要求せず,ソ連に最恵国待遇を与えることが約された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

旺文社世界史事典 三訂版「ラパロ条約」の解説

ラパロ条約
ラパロじょうやく
Rapallo Treaty

イタリアのジェノヴァ近郊のラパロで結ばれた2つの条約
(1)1920年11月調印。イタリア・ユーゴスラヴィア間の国境設定条約で,フィウメ港の一部はユーゴ領,他は自由市となった(1924年の新条約ではほとんどイタリア領となった)。(2)1922年4月調印。戦後経済復興のためのジェノヴァ会議出席中のドイツとソヴィエト政権(ソ連の成立は1922年12月末)との間に結ばれた経済協力条約。相互の賠償廃止,外交関係の再開,最恵国待遇の適用,通商の拡大,ロシアの社会主義化によるドイツ人財産の弁償請求の放棄などを内容とする。特にソヴィエト政権の承認は欧米諸国に衝撃を与えた。

出典 旺文社世界史事典 三訂版旺文社世界史事典 三訂版について 情報

百科事典マイペディア「ラパロ条約」の解説

ラパロ条約【ラパロじょうやく】

(1)1920年イタリアとユーゴスラビアの間で,両国間の係争の地であるフィウメ(今のリエカ)の帰属に関し,イタリアのジェノバに近いラパロRapalloで結ばれた条約。同地の一部をユーゴ領とし,他を独立自由国とすることを定めた。(2)1922年ベルサイユ体制から疎外されていたソ連とドイツの間で,外交関係復活,相互最恵国待遇等を協定した条約。またドイツはこのとき行われていたジェノバ会議で係争中であった旧ドイツ財産についての対ソ請求権を放棄した。ソ連政府が資本主義国に承認された最初の例で,独・ソ両国の国際的地位は高まった。
→関連項目ラーテナウ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

デジタル大辞泉「ラパロ条約」の解説

ラパロ‐じょうやく〔‐デウヤク〕【ラパロ条約】

1922年、イタリア北部、ジェノバ近郊の都市ラパロ(Rapallo)で、ドイツとソ連との間に結ばれた条約。ソ連政府の承認と外交関係の回復、両国債務の相殺などを規定したもので、ソ連は初めて国際的承認を得た。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

世界大百科事典 第2版「ラパロ条約」の解説

ラパロじょうやく【ラパロ条約】

(1)1920年11月12日,イタリアのジェノバの近くの町ラパロでイタリアとユーゴスラビアの間で結ばれた国境画定条約。第1次世界大戦後,イタリアはロンドン秘密条約(1915)に基づいてアドリア海対岸のダルマツィア地方を要求,詩人ダンヌンツィオに率いられた義勇軍はフィウメ(現,リエカ)を占領し,これらの領有権を主張するユーゴスラビアと対立した。しかしこの条約によりイタリアは,フィウメの自由市化を約し,ダルマツィア地方を放棄した。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android