コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフサンジャニ ラフサンジャニ Rafsanjani, Hashemi

2件 の用語解説(ラフサンジャニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフサンジャニ
ラフサンジャニ
Rafsanjani, Hashemi

[生]1934. ラフサンジャン
イランの宗教指導者,政治家。大統領(在任 1989~97)。フルネーム Ali Akbar Hashemi Rafsanjani。ケルマーン州ラフサンジャンの富裕な農家に生まれる。1948年,イスラム神学教育を受けるためにシーア派の聖都コムに移り,1958年にルホラ・ホメイニの弟子となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラフサンジャニ
らふさんじゃに
Ali Akbar Hashemi Rafsanjani
(1934― )

イラン最高評議会(国会と護憲評議会の調整機関)議長。第4代大統領、神学者。ケルマーン州に生まれ、14歳からコムの神学校に学ぶ。ホメイニの影響を受けて、28歳でイスラム革命運動に加わり、五度の逮捕歴をもつ。1979年のイラン革命後、革命評議会メンバーに選ばれ、同年11月から内相。1980年5月、国会議員に当選し、同年7月に初代国会議長に選出された(1986年6月再選)。1988年6月には軍最高司令官代理(司令官は最高指導者)に就任、正規軍と革命防衛隊の事実上の責任者となる。1989年6月に死去した最高指導者ホメイニの後任にハメネイ(当時大統領)が選ばれたため、最高評議会議長を継いだ。同年7月の大統領選挙で初当選、1997年8月まで2期務めた。同年3月、最高評議会議長に再選。2000年2月の総選挙に出馬、最下位滑り込み当選したが、開票時の疑惑を指摘され、同年5月の新国会を前に辞退した。ハメネイとともに保守派の実力者とみられているが、2005年6月の大統領選挙でアフマディネジャドに敗れた。
 対米強硬論者としても知られ、2001年10月にアメリカの炭疽(たんそ)菌事件について「アメリカはイラン・イラク戦争でイラクに炭疽菌を提供、そのことで代償を支払わされている」と述べ、「悪の枢軸」発言(大量破壊兵器の開発でアメリカに脅威を与えている「テロ支援国家」としてイラク、イラン、北朝鮮を、アメリカの大統領G・W・ブッシュが名指しで非難した一般教書演説での発言)後の2002年2月には「ブッシュ大統領は恐竜のような頭に、スズメ程度の脳みそしかない」と酷評した(いずれもテヘラン大学での演説)。1985年(昭和60)7月に来日。[奥野保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ラフサンジャニの関連キーワードサンジャンドリュズじゃんじゃか純ジャンプサンジャンカップフェラサンジャン洗礼堂サンジャンピエドポールマンジャン鏡ジャンジャンブレアジャンジャンブレア島じゃんじゃん亭

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラフサンジャニの関連情報