コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラフサンジャニ ラフサンジャニRafsanjani, Hashemi

2件 の用語解説(ラフサンジャニの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラフサンジャニ
ラフサンジャニ
Rafsanjani, Hashemi

[生]1934. ラフサンジャン
イランの宗教指導者,政治家。大統領(在任 1989~97)。フルネーム Ali Akbar Hashemi Rafsanjani。ケルマーン州ラフサンジャンの富裕な農家に生まれる。1948年,イスラム神学教育を受けるためにシーア派の聖都コムに移り,1958年にルホラ・ホメイニの弟子となる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラフサンジャニ
らふさんじゃに
Ali Akbar Hashemi Rafsanjani
(1934― )

イラン最高評議会(国会と護憲評議会の調整機関)議長。第4代大統領、神学者。ケルマーン州に生まれ、14歳からコムの神学校に学ぶ。ホメイニの影響を受けて、28歳でイスラム革命運動に加わり、五度の逮捕歴をもつ。1979年のイラン革命後、革命評議会メンバーに選ばれ、同年11月から内相。1980年5月、国会議員に当選し、同年7月に初代国会議長に選出された(1986年6月再選)。1988年6月には軍最高司令官代理(司令官は最高指導者)に就任、正規軍と革命防衛隊の事実上の責任者となる。1989年6月に死去した最高指導者ホメイニの後任にハメネイ(当時大統領)が選ばれたため、最高評議会議長を継いだ。同年7月の大統領選挙で初当選、1997年8月まで2期務めた。同年3月、最高評議会議長に再選。2000年2月の総選挙に出馬、最下位滑り込み当選したが、開票時の疑惑を指摘され、同年5月の新国会を前に辞退した。ハメネイとともに保守派の実力者とみられているが、2005年6月の大統領選挙でアフマディネジャドに敗れた。
 対米強硬論者としても知られ、2001年10月にアメリカの炭疽(たんそ)菌事件について「アメリカはイラン・イラク戦争でイラクに炭疽菌を提供、そのことで代償を支払わされている」と述べ、「悪の枢軸」発言(大量破壊兵器の開発でアメリカに脅威を与えている「テロ支援国家」としてイラク、イラン、北朝鮮を、アメリカの大統領G・W・ブッシュが名指しで非難した一般教書演説での発言)後の2002年2月には「ブッシュ大統領は恐竜のような頭に、スズメ程度の脳みそしかない」と酷評した(いずれもテヘラン大学での演説)。1985年(昭和60)7月に来日。[奥野保男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラフサンジャニの関連キーワードテンプル日本製鉄神風連国語審議会タム東郷平八郎大川岩ソーダサニディン岩田原総一朗影なき男

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラフサンジャニの関連情報