コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラブ波 ラブは Love wave

5件 の用語解説(ラブ波の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラブ波
ラブは
Love wave

境界面が水平である半無限弾性体の上に異なる表層があるときに伝わる表面波。横波であって,媒質中の質点は水平振動だけをする。 A.ラブがこの波の存在の可能性を証明した。振幅は深さとともに急速に減少し,波長が短いほど減衰は著しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ラブ‐は【ラブ波】

境界面が水平な弾性体の上に、性質の異なる表層があるときに伝わる横波の表面波。水平振動だけからなり、地震波ではS波のあとに現れる。英国の物理学者ラブ(A.E.H.Love[1863~1940])がその存在を理論的に証明した。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ラブは【ラブ波 Love wave】

半無限弾性体の表層の横波速度が下層より遅い場合,表面に沿って伝わる弾性波で,ねじれを伝える。この波の存在は1911年ラブAugustus Edward Hough Love(1863‐1940)により理論的に証明された。地球の表面を伝わる地震波の一種もラブ波と呼ばれる。ラブ波の振幅は表層から遠ざかるにつれて減少し,振動方向は,表面に平行で伝搬方向に垂直である。伝搬速度は波長が長いほど早くなり,分散を示す。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ラブは【ラブ波】

弾性体の上に水平な表層があるときに伝わる横波の表面波。水平振動のみで、地震の際に S 波の後に観測される。イギリスの物理学者 A. E. H. Love(1863~1940)がその存在を発見。 Q 波。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラブ波
らぶは

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のラブ波の言及

【地震波】より

…地球の自由振動で,最も長い周期は,伸び縮み振動で54分,ねじれ振動で44分である。 表面波にはレーリー波ラブ波とがあり,前者は波の進む方向を含む鉛直面内で振動し,後者は水平面内で波の進む方向と垂直に振動する。P波,SV波,レーリー波は地球の伸び縮み振動に,SH波,ラブ波は地球のねじれ振動に対応している。…

※「ラブ波」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ラブ波の関連キーワード弾性波横波非線形弾性体ストンレイ波バーチダイアグラムブシネスクの問題(力学)ブラジウスの流れラヴ波肉桂色土レーリー波

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone