コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラプラタ La Plata

翻訳|La Plata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラプラタ
La Plata

アルゼンチン中部,ブエノスアイレス州州都。首都ブエノスアイレスの南東約 50kmにあり,ラプラタ川南西岸から数 km内陸に入った地点に位置する。 1880年ブエノスアイレスが首都として連邦直轄区となり,ブエノスアイレス州から分離されたのち,82年同州の新州都に定められた。市街はアメリカ合衆国の首都ワシントン D.C.をモデルに設計され,行政諸機関の建物とともに市立図書館,天文台,大聖堂,博物館などが建設された。国立ラプラタ大学 (1884) に付属するラプラタ博物館は南アメリカ有数の古生物・人類学上の収集で知られる。産業は多様で,パンパスの肥沃な農牧地帯を背後に控えて穀物,肉牛などを集散し,沿岸の外港エンセナダから積出すほか,食肉,石油精製,化学製品,繊維,鉄鋼,電機などの工業が立地する。首都と鉄道,道路で連絡。人口 54万 2567 (1991推計) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

大辞林 第三版の解説

ラプラタ【La Plata】

南アメリカ南東部、アルゼンチンとウルグアイの間を流れ、大西洋に注ぐ大河。ウルグアイ川とパラナ川の合流点から下流の河口部をいう。長さ275キロメートル。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

ラプラタの関連キーワードクリスティナ フェルナンデス・デ・キルチネルアドルフォ・ペレス エスキベルウィリアム・ジョセフ ハッシーコンセプシオンデルウルグアイコロニアデルサクラメントカワイルカ(河海豚)ラプラタ流域グループマルティンガルシア島アマゾンカワイルカシウダーデラコスタタマスダレ(玉簾)ラプラタの博物学者ラプラタカワイルカミツオビアルマジロサンフェルナンドカベサ・デ・バカビセンテロペスエスチュアリービューフォートファーミントン

今日のキーワード

アウフヘーベン

ヘーゲル弁証法の基本概念の一。あるものを否定しつつも、より高次の統一の段階で生かし保存すること。止揚。揚棄。→アン‐ウント‐フュール‐ジッヒ →弁証法...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラプラタの関連情報