ランゲ(読み)らんげ(英語表記)Oskar Richard Lange

  • 1904―1965

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ポーランドの代表的経済学者。ワルシャワ近郊のトマシュフの織物工場主の家に生まれる。ポズナニ、クラクフの両大学に学んだ。1927年ポーランド社会党に入党。1931年クラクフ大学講師となったが、1934年ロックフェラー財団奨学金を得てイギリス、ついでアメリカに渡り、ミシガン、カリフォルニア、スタンフォードの各大学講師を経て、1938年シカゴ大学準教授、1943年同教授。1945年帰国し、初代駐米大使、国連安全保障理事会ポーランド代表を務めたのち、1947年国会議員となり、1948年以降、統一労働者党中央委員。1955年には国家評議会評議員となり、1957年から同議長代理。この間1952年に科学アカデミー会員に選ばれ、1956年以降ワルシャワ大学経済学部教授。その他、政府の経済審議会会長を務めたほか、インド、スリランカ、エジプト、イラクの政府顧問として経済計画立案を助けるなど、多面的な活動を行った。10月2日、ロンドンで死去。
 ランゲの学問的業績としては、まず論文「社会主義の経済理論」(1936~1937)で分権的社会主義経済の可能性を1930年代に早くも論証したことがあげられる。また、『価格伸縮性と雇傭(こよう)』(1944)は、ケインズの『一般理論』を精密化した労作として高く評価された。第二次世界大戦後のスターリン時代には、一時マルクス主義的立場をより鮮明にしたが、スターリン批判後、ポーランド「経済モデル」論争に指導的役割を果たした功績は大きい。晩年はサイバネティックス、システム論の研究を続け、『経済サイバネティックス入門』(1965)、『システムの一般理論』(1965)などを著した。その生涯と業績は、論文集『経済発展と社会の進歩』(1961)邦訳巻末の都留重人(つるしげと)「オスカー・ランゲを悼む」と著作目録に詳しい。[佐藤経明]
『安井琢磨・福岡正夫訳『価格伸縮性と雇傭』(1953・東洋経済新報社) ▽佐伯道子訳『経済サイバネティクス入門』(1969・合同出版) ▽鶴岡重成訳『システムの一般理論』(1969・合同出版) ▽都留重人他訳『経済発展と社会の進歩』(1970・岩波書店)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

緊急事態宣言(感染症)

改正新型インフルエンザ等対策特別措置法(新型コロナウイルス特措法)に基づいて日本政府が発する布告。正式名称は「新型インフルエンザ等緊急事態宣言」。新型インフルエンザなど(新型コロナウイルスの適用対象期...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ランゲの関連情報