コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ランダムウオーク random walk

翻訳|random walk

デジタル大辞泉の解説

ランダム‐ウオーク(random walk)

ある点から出発し、任意の距離だけまっすぐに動くが、向きはまったくでたらめな運動を繰り返すこと。出発点から離れたある範囲内に存在する確率を求める問題のモデルで、距離が零のときはブラウン運動気体分子拡散の問題として扱える。酔歩(すいほ)。乱歩

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ランダムウオーク【random walk】

空間的位置変化の確率論モデルの一。原点から出発して勝手な方向に、ある距離だけ運動し、そこで方向を勝手に変えて再びある距離だけ運動し、さらにこのような運動を続けた結果として生ずる位置の変化または特定の方向への移動を求める。気体の拡散モデルやブラウン運動などの統計に用いる。乱歩。酔歩すいほ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

ランダムウオークの関連キーワードマルコフ過程統計方向原点

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android