コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・ファージ La Farge,John

朝日日本歴史人物事典の解説

ラ・ファージ

没年:1910.11.14(1910.11.14)
生年:1835.3.31
明治期に来日したアメリカの画家。ニューヨーク生まれ。1856年渡欧,パリで美術,文芸界の知己を得,イギリスではラファエル前派の作品に強く感化された。58年末~59年初ニューヨークへ戻り,このころ日本の浮世絵に触れた。64年作「花瓶」はジャポニスムの早い作例である。70年,アメリカでの最初の日本美術紹介となった「日本美術随想」を発表。モースらと交友し,明治19(1886)年3カ月間来日した。『画家東遊録』(1897)はその体験録。岡倉天心に「アメリカの雅邦」といわしめ,美術商林忠正とも親交があった。日本の工芸品を高く評価したことでも知られる。

(三輪英夫)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について | 情報

ラ・ファージの関連キーワード新聞小説田岡嶺雲ニコラ1世アフリカ神話有島武郎桂太郎内閣フレーブニコフ都市気候夏目漱石表現主義

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ラ・ファージの関連情報