コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラ・プラタ ラプラタ

百科事典マイペディアの解説

ラ・プラタ

アルゼンチン中央東部,ラ・プラタ川河口,ブエノス・アイレス南東約50kmの港湾都市。パンパの農牧畜物の集散地で,ブエノス・アイレス港に次ぐ港。冷凍業,電機・化学工業も盛ん。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラ・プラタ
らぷらた
La Plata

アルゼンチン中東部、ブエノス・アイレス州の州都。ブエノス・アイレスの南東53キロメートル、ラ・プラタ川の河口南岸に位置する港湾都市である。都市圏人口55万8409(2001)。独立以来の連邦主義派と中央集権主義派の政争に終止符を打つため、1880年ブエノス・アイレス州の州都と首都を別々に定めることになり、両者を兼ねていたブエノス・アイレスは、各州から独立した連邦首都となった。新たな州都は1882年ラ・プラタに決定した。アメリカのワシントンをモデルに近代的都市建設が進められ、国内で初めて公共街灯が設置された。同州の経済力を背景に工業、商業、金融の中心地として繁栄し、ラ・プラタ国立大学や南アメリカ有数の自然科学博物館もあり、文化、教育の中心地でもある。1952年から55年まで、ペロン第二夫人を記念してエバ・ペロンと市名を改称したが、ペロン政権失脚により原名に復帰した。[今井圭子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラ・プラタの関連キーワードハドソン(William Henry Hudson)コロニアリオ・グランデ川(ブラジル)ウイリアム・ヘンリ ハドソンヌニェス・カベサ・デ・バカJ. トレス・ガルシアアナポリス(ブラジル)マト・グロッソ[州]ブエノス・アイレスアーネスト サバトラ・プラタ[川]トレス・ガルシアジョアン[5世]ウルグアイ[川]ラ・プラタ[川]パラグアイ[川]ラ・プラタ諸国イリゴージェンアスンシオンレピドシレン

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android