ラージン(英語表記)Razin, Stenka; Stepan Timofeevich Razin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ラージン
Razin, Stenka; Stepan Timofeevich Razin

[生]1630頃.ドン川流域ジモベイスカヤ
[没]1671.6.16. モスクワ
ロシアの農民戦争 (1670~71) の指導者。富裕なドン・コサックの家に生れ,1662~63年ヘトマン (首領) としてクリミア・タタールやトルコに遠征。モスクワ政府の抑圧政策,特に彼の兄イワンに対する Yu. A.ドルゴルーキー公の残虐な処罰に憤って反乱を決意。 67年下層コサック (ゴルイチバ) を率いてボルガ川流域,カスピ海沿岸に遠征,ロシア政府軍やサファビー朝イラン軍と戦った。次いで 70年春 7000のコサックを率いて再度ボルガ流域に向い,ツァリツィン (現ボルゴグラード) ,アストラハン,サラトフを奪取。農民や都市下層民に貴族や官僚との闘争を呼びかけつつボルガを上り,同年 10月,約2万にふくれ上がってシンビリスクに迫ったが,皇帝アレクセイ1世に派遣された,ユーリー・バリャチンスキー指揮下の政府軍に惨敗。ラージンは負傷してドンに逃れ,カガリニツクで再起をはかったが,71年4月富裕なコサックらの裏切りによって捕えられ,政府軍に引渡された。モスクワの赤の広場で処刑された。民謡や伝説などで英雄とたたえられ親しまれている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ラージン

ロシアのドン・コサックの首領。ステンカ・ラージンと称。圧政に反抗し,1667年ころからコサックや逃亡農奴を率いてカスピ海,ボルガ川下流域で反乱を指揮,1670年ボルガ川をさかのぼってニジニ・ノブゴロドの近くまで迫ったが敗れ,捕らえられて処刑。民衆の間にはラージン不死の伝説が生まれ,民謡にも歌われた。
→関連項目アレクセイ・ミハイロビチ農民一揆

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ラージン

(Stjepan(Stjen'ka) Timofjejevič Razin ステパン(ステンカ)=チモフェービチ━) ロシアの農民反乱の首領。ドン‐コサックの長。一六七〇~七一年の農民反乱を指導したが、政府軍に敗れ、捕えられて刑死。(一六三〇頃‐七一

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

世界大百科事典内のラージンの言及

【土地台帳】より

…【岩見 宏】
[中東・イスラム社会]
 他地域にもみられるように,為政者によって農業生産の実態をつかみ,的確な租税徴収を実施するために検地が行われ,土地台帳が作成された。1298年にマムルーク朝支配下のエジプトで実施されたスルタン,ラージン(在位1297‐99)の行った検地の結果作成された土地台帳qānūn al‐bilādには,耕地名,耕地面積,農産物の種類とその状態および土地の種類が記載され,それに基づいて軍人たちに土地の分与が行われた(イクター制)。マムルーク朝(1250‐1517)の影響を受けたオスマン帝国(1299‐1922)では15世紀前半以来,アナトリアとバルカン領土において組織的に検地が行われて土地台帳tapu defteriが作成され,それに基づいてシパーヒーに〈封土〉が割り当てられた(ティマール制)。…

※「ラージン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グリンパティック系

脳内でリンパ系と同様のはたらきをもつ循環システム。グリア細胞(神経膠細胞)が血管周囲に形成したパイプ状の構造に脳脊髄液を循環させ、脳内に蓄積した老廃物を除去する。覚醒時より睡眠時の方がより活動的である...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラージンの関連情報