コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ラーニングコモンズ learning commons

デジタル大辞泉の解説

ラーニング‐コモンズ(learning commons)

図書館などに設けられる、総合的な自主学習のための環境。IT機器や学習スペースなどを備え、従来からある書籍閲覧だけでなく、グループ学習や討論会などさまざまな学習形態の活用に対応する。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ラーニングコモンズ
らーにんぐこもんず
learning commons

図書館や大学などの施設で自学学習をする利用者の利用目的や学習方法にあわせ、図書館資料やICT(情報通信技術)を柔軟に活用し、効率的に学習を進めるための人的な支援を含めた総合的な学習環境のことをいう。コモンズとは共有地や公共の広場を意味する英語。大学などの教育施設において、これまで別々の施設で提供されてきた情報資源、ICTの利用環境、利用者同士や教職員との共有スペースなどを、学習目的にあわせて柔軟に利用できるように設備や要員の配置を考慮している点が特徴である。
 学生の多様な利用形態や学習スタイルの変化に対応するため、2000年ごろからラーニングコモンズやスタディーエリアstudy areaなどとよばれる、このような学習空間を大学図書館内に設置する動きが増加している。
 ラーニングコモンズの定義は一定していないが、1980年代のアメリカの大学図書館で、利用者が情報サービスの活用方法の教習を受けたり、専門家へ相談したりすることができるインフォメーションコモンズinformation commonsとよばれるスペースが設けられるようになった。これがラーニングコモンズの前身とされている。当時の大学は、従来の講義主体の学習だけでなく、学生が自発的な思考や議論を通して正解を求めていくアクティブラーニングactive learningを重視していた。この能動的学習の教育方法が広がっていくなか、図書資料の電子化やインターネットで有用な情報を得られるICTの発達が加わり、これまでの講義のための教室とは異なった学習環境が求められるようになっていった。インターネットの普及によって大学図書館の利用が減少していたこともあり、大学図書館内には、共有のコミュニケーションスペース、プレゼンテーションスペース、メディアスペースなどといった、利用方法に応じたさまざまな空間が設置されるようになっていった。カフェやラウンジなどの休憩するための空間を重視している点も、ラーニングコモンズの特徴の一つである。[編集部]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ラーニングコモンズの関連キーワードアクティブラーニング図書館

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ラーニングコモンズの関連情報