コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リディア Lydia

翻訳|Lydia

大辞林 第三版の解説

リディア【Lydia】

紀元前七~前六世紀、小アジア西部に栄えた王国。ペルシャのキュロス二世に滅ぼされた。商業で繁栄し、世界で初めて貨幣を鋳造したと伝えられる。リュディア。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リディア
りでぃあ
Lydia

小アジア(現在のトルコ領)西部の古代地方名。カイストロス川の谷間に位置し、北はミシア、東はフリギア、南はカーリアなどの地方に接していた。西にはキュメ、スミルナ、エフェソスなどのギリシア植民都市があった。ギリシア文化の影響を受けた土着系メルムナダイ朝が、ここにサルディスを首都とする王国を築いた(前700ころ~前550)。海岸と内陸部を結ぶ交通の要衝にあったこの王国は、交易と豊富な資源(金、農産物)によって繁栄し、その最後の王クロイソスのときはアナトリア中央部をも勢力下に置いたが、アケメネス朝ペルシア王キロスに敗れた(前546)。ペルシア帝国時代にはその西部のサトラピ(属領)の中心的存在であった。アレクサンドロス大王の征服(前334)以後は、ギリシア・マケドニア人の支配下にあったが、紀元前189年のマグネシアの戦いのあとは、ペルガモンのアッタロス朝の領土となった。前133年にはローマの支配下に入り、そのアシア(アジア)属州となった。
 リディアの文明は土着のものとギリシア系のものが混合している。そこでは史上初の貨幣(金銀合金製)が前7世紀に発明され、それがギリシアとペルシア帝国に採用された。また、リディア旋法とよばれる歌謡の節回しがギリシアに伝わった。リディア人の土着言語はローマ時代にも用いられていたが、アナトリアに入った古いインド・ヨーロッパ語の形を残していたと思われる。[小川英雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リディアの関連キーワードパウサニアス(ギリシアの旅行家、地理学者)虹(D・H・ローレンスの小説)アレクサンドロス[トラレス]ジョージ・A. ラッセルマグネシア(ギリシア)アッシュール・バニパルロッサノ ブラッツイデニー ザイトリンS.J. ローザン調(音楽理論用語)歴史[ヘロドトス]アナトリア諸言語リディア ラシラバレエ・リュスI. シャピロテルパンドロスオーパル ダンサウスウェル舞踏会の手帖エイルディル

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リディアの関連情報