コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リトコール酸 リトコールサン

3件 の用語解説(リトコール酸の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

リトコール‐さん【リトコール酸】

lithocholic acid胆汁酸の一。胆汁酸(ケノデオキシコール酸)が腸内細菌により変換されたもの。発癌(はつがん)性がある。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リトコール酸
りとこーるさん
lithocholic acid

胆汁酸の一種で、化学式はC24H40O3である。脂肪を大量に摂取すると消化のために多量の胆汁酸が分泌される。大部分の胆汁酸は肝臓に再吸収されるが、一部は大腸に達し、腸内細菌に存在する胆汁酸-7α-デヒドロキシラーゼによってリトコール酸などの二次胆汁酸に変換される。遊離のリトコール酸は毒性が強いので、タウリンやグリシンなどのアミノ酸と結合(抱合)し、タウロコール酸、グリココール酸(ともに胆汁酸塩類)として胆汁液中に現れる。界面活性剤のような働きにより、水に不溶性の食物や栄養の消化吸収を助ける。[菊池韶彦・小泉惠子]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リトコール酸の関連キーワードアスコルビン酸DJEMMADNAアミノ酸オキシダーゼオキソ酸ケト酸ナパーム弾ニトリル酸性雨バイオディーゼル

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone