コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リトル・マガジン リトル・マガジンlittle magazine

翻訳|little magazine

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リトル・マガジン
little magazine

営利を目的とせず,文学,美術,政治理論などで新しい独自の立場を主張する機関誌として出版される小雑誌。これによって革新的な運動が展開され,新進の作家が育つことが多い。イギリスではラファエル前派が出した『ジャーム』 The Germなどがその先駆で,20世紀では E.パウンドの始めた『エゴイスト』 The Egoist,J.M.マリーがロマンティシズムを唱道した『アデルフィ』 The Adelphi,T.S.エリオットが主宰した全ヨーロッパ的視野に立つ『クライティーリオン』 The Criterionなどがあり,アメリカでは超絶主義者たちの出した『ダイアル』 The Dialをはじめ,H.モンローの『ポエトリー』 Poetry: A Magazine of Verse,左翼系の『パーティザン・レビュー』 Partisan Review,新批評の『ケニヨン・レビュー』 The Kenyon Reviewなどがある。フランスでは象徴主義の諸雑誌をはじめ,サルトルの『タン・モデルヌ』 Les Temps modernes,ソレルスらの『テル・ケル』 Tel Quelなどがあげられる。日本における『明星』『白樺』などの同人雑誌もリトル・マガジンといえる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

リトル・マガジンの関連キーワードイェロー・ブックリトル・マガジン植草 甚一タウン誌同人誌バーク

今日のキーワード

天地無用

運送する荷物などに表示する語で、破損の恐れがあるため上と下を逆にしてはいけない、の意。[補説]文化庁が発表した平成25年度「国語に関する世論調査」では、本来の意味とされる「上下を逆にしてはいけない」で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リトル・マガジンの関連情報