コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リトープス リトープス Lithops; stoneface

5件 の用語解説(リトープスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リトープス
リトープス
Lithops; stoneface

ツルナ科の多年草。南・南西アフリカに自生する砂漠の多肉植物。葉は1対,大部分は基部から合着し倒円錐形の球体となる。葉の最下部に短い茎があり,コルク質におおわれる。花は生長の極期に1球体から1花をつけ,黄色または白色で午後に開花,夕刻に閉花,1週間ぐらい繰返す。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リトープス(〈ラテン〉Lithops)

メセンブリアンテマ科の多肉植物南アフリカ原産。球状の二つの葉の間から白・黄色の菊に似た花を咲かせる

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リトープス

ツルナ科リトープス属の多肉植物。いわゆるメセン類(メセングリアンテマ類)の一つ。アフリカ南部の砂漠地帯や砂礫(されき)地に100種ほどが自生するといわれる。明治初年に渡来。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リトープス【Lithops】

ツルナ科の高度に多肉化したリトープス属Lithops植物の総称。外観は小石状であり,イシコログサとかイシコロギクの別名をもつ。実際,礫(れき)のあいだに自生していて,まわりの礫と色が類似する種類が多い。南アフリカとナミビアに分布する。英名はliving stone,stoneface,flowering stone,mimicry plant。通常,茎はなく,下部で合着した一対の葉は球状に多肉化するが,先端は台形で,その上には透明部や濃色部分があり,複雑な斑紋をなし,種を識別する特徴にされる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リトープス
りとーぷす
[学]Lithops

ツルナ科リトープス属の総称。メセンブリアンテマムの仲間で、37種56変種と地方型180品種が発見されている。属名は、ギリシア語のlithos(石)とops(顔)の二語からなる。原産地は南アフリカ・ナミビアの極度に乾燥した地帯で、片麻(へんま)岩大地の南斜面岩床の割れ目や崩壊した礫砂(れきさ)に覆われた立地に埋もれて自生している。リトープスはこの礫砂に頂面の色彩と模様が酷似するため発見が困難であり、動物の食害からも擬態により身を守っている。
 植物体は極度の乾燥に耐えるため、一対の葉を高度に多肉化させ、雨期に水分を蓄え乾期に備えている。秋になると一対の葉の割れ目からつぼみを出し、開花結実する。花は白、黄色であるが、まれに赤色もあり、植物体よりも大きい。成長期は秋から春で、夏眠する。[島田保彦]

文化史

1811年に最初の種(露美玉(つゆびだま)L. turbiniformis (Haw.) N. E. Br.)が発見された。二番目の種(曲玉(まがたま)L. pseudotrunctatella (Bgr.) N. E. Br.)はそれから100年近くたった1908年に発表されたが、これはただちに注目を集め、日本にも1917年(大正6)に導入された。当時は高価で、4~8円で売られた。リトープスは産地が限られ、数も少ないため、発見直後はしばしば珍種の扱いを受け、紅大内玉(べにおおうちだま)L. optica N. E. Br. f. rubra (Tisch.) Rowl.は1930年代の初め、ダイヤモンドより高かった。[湯浅浩史]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のリトープスの言及

【メセン(女仙)】より

…ベルゲラントゥス属Bergeranthusは小型で,群生し葉は細く,メセン類では例外的に耐寒性が強い。(4)多年生で無茎,少数の葉が高度に多肉化した群 玉型女仙(たまがためせん)と呼ばれるグループで,リトープスLithops,コノフィトゥム属Conophytumのほか,葉の上部が半透明の凸レンズ状になったフェネストラリア属Fenestraria(2種あり,代表種はイスズダマ(五十鈴玉)F.aurantiaca N.E.Br.)(イラスト),オプタルモフィルム属Opthalmophyllum(18種),アルギロデルマ属Argyroderma(約50種),プレイオスピロス属Pleiospilos(33種)やギッバエウム属Gibbaeum(約20種)などの諸属が見られる。 高度に多肉化した種群は高温多湿を嫌うので,夏期には通風のよい日陰で,水を控えて育てるか,強制的に断水する。…

【メセン(女仙)】より

…ベルゲラントゥス属Bergeranthusは小型で,群生し葉は細く,メセン類では例外的に耐寒性が強い。(4)多年生で無茎,少数の葉が高度に多肉化した群 玉型女仙(たまがためせん)と呼ばれるグループで,リトープスLithops,コノフィトゥム属Conophytumのほか,葉の上部が半透明の凸レンズ状になったフェネストラリア属Fenestraria(2種あり,代表種はイスズダマ(五十鈴玉)F.aurantiaca N.E.Br.)(イラスト),オプタルモフィルム属Opthalmophyllum(18種),アルギロデルマ属Argyroderma(約50種),プレイオスピロス属Pleiospilos(33種)やギッバエウム属Gibbaeum(約20種)などの諸属が見られる。 高度に多肉化した種群は高温多湿を嫌うので,夏期には通風のよい日陰で,水を控えて育てるか,強制的に断水する。…

※「リトープス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

リトープスの関連キーワード多肉植物ツルナ科シッサス蔓菜ループススープストックトーキョーリゾプス属ソープストーンマツバギクメセン(女仙)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リトープスの関連情報