コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

駒形 こまがた

7件 の用語解説(駒形の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

駒形
こまがた

東京都台東区および墨田区,隅田川岸沿いの駒形橋~厩橋間の地区。地名は馬頭観音をまつる駒形堂に由来する。かつては浅草寺の総門があり,旅籠が多かった。現在は玩具,袋物などの問屋町を形成。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

こま‐がた【駒形】

将棋の駒の形をしたもの。
祭事などに使う、馬の頭や尾の作り物で、胸・腰につけて乗馬を装うもの。

こまがた【駒形】

東京都台東区の地名。隅田川に面し、吉原通いの船着き場があった。名は、馬頭観音を祭る駒形堂に由来。こまかた。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

こまがた【駒形】

駒の形。将棋の駒の形をしたもの。
馬をかたどった作り物。 「舎人ども-付きて舞ひ遊ぶ/宇津保 祭の使
神事で、馬の作り物をつけて行列に従う神人。 「八幡にては-の神人を殺害して/太平記 36
舞楽の曲名。「狛竜こまりよう」の俗称かという。

こまがた【駒形】

東京都台東区の地名。隅田川西岸の地で、江戸時代吉原通いの船着き場としてにぎわった。地名は浅草寺の南方にある駒形堂に由来する。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

駒形
こまがた

東京都台東(たいとう)区中東部、隅田(すみだ)川に臨む地区。蔵前(くらまえ)と浅草の間にあり、都営地下鉄浅草線が通じる。なお、駒形橋の東側、墨田区側に東駒形の地区がある。地名の由来は、浅草側にある駒形堂(馬頭観世音(ばとうかんぜおん)を祀(まつ)る)にちなむ。江戸中期まではホタルの名所として知られた。江戸通り(水戸街道=国道6号)に臨み、江戸時代から繁栄している所。どじょう料理(「駒形どぜう」)、うなぎ料理、麦とろ飯の老舗(しにせ)が江戸情緒を伝える。なお「君はいま駒形あたりほととぎす」の遊女高尾太夫(たかおだゆう)の句でも有名。[沢田 清]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

駒形の関連キーワード久・九・供・区・區・口・句・工・懼・狗・矩・苦・躯・軀・駆・駒・驅駒里駒場町駒場南駒林会津駒木曽駒駒(将棋)ブリッジ(駒)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

駒形の関連情報