コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リノ Reno

翻訳|Reno

百科事典マイペディアの解説

リノ

米国,ネバダ州西端の観光都市。ラス・ベガスとともにカジノ,離婚手続が簡単なことで全米各地から客を集める。ホテル,劇場,飲食店が軒を並べ,スキー,登山客も多い。22万5221人(2010)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リノ【Reno】

アメリカ合衆国ネバダ州西部,シエラ・ネバダ山脈東麓の都市。人口14万5000(1994)。市名は南北戦争で戦死した北軍の将軍ジェシー・リー・リノにちなむ。東部からカリフォルニアを目ざした人々が,1858年トラッキー川に臨んで住みついた。翌年付近で発見された金・銀鉱脈,コムストック・ロードに殺到した人々の補給基地となり,68年にはセントラル・パシフィック鉄道の駅が設けられて発展した。牧畜・灌漑農業地帯および鉱業地帯の商業中心地であり,ネバダ大学(1864創設)をもつ教育都市でもある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リノ
りの
Reno

アメリカ合衆国、ネバダ州北西部の都市。シエラ・ネバダ山脈の東麓(とうろく)、標高1370メートルに位置する。人口18万0480(2000)。ラス・ベガスと肩を並べる観光都市で、ギャンブルと離婚の町として知られる。メーン・ストリートには世界最大級のカジノやホテル、劇場やレストランなどがひしめき、大歓楽街を形成しており、世界中から人が集まる。1868年セントラル・パシフィック鉄道の開通で町が建設され、79年より市制が施行された。付近にはタホー湖やピラミッド湖をはじめ、多くのスキー・リゾートがあり、釣り、狩猟、ハイキング、ピクニックを楽しむこともできる。ラス・ベガス同様交通網が発達し、商業都市としても重要であり、ネバダ大学リノ校(1864創立)の所在地でもある。[作野和世]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リノの関連キーワード対華二十一か条要求/対華要求に関する加藤外相訓令(抄文)ウオルター・ヴァン・ティルバーグ クラークラピス・アルバナス,ラピス・ガビナスサンマリノ歴史地区とティターノ山スーザン デズモンド・ヘルマンセントラル・パシフィック鉄道パラッツォレアーレディトリノコロラド党[パラグアイ]無フィブリノーゲン血症コリン キャパニック死刑台のエレベータースカラーニュートリノコムストック・ロードジュリア マンクーゾ宇宙背景ニュートリノバージニア・シティチューリップツリー反電子ニュートリノリノ ヴァンチュラデイブ マシューズ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リノの関連情報