コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リパッティ Lipatti, Dinu

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リパッティ
Lipatti, Dinu

[生]1917.3.19. ブカレスト
[没]1950.12.2. ジュネーブ
ルーマニアのピアニスト。両親や F.ムジチェスクにピアノを習い,1934年以降パリに出て A.コルトーの弟子となった。 44年ジュネーブ音楽院教授。バッハやショパンの演奏によって不世出の天才と称されたが,白血病のため早世。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リパッティ

ルーマニアのピアノ奏者,作曲家。楽器をたしなむ両親の間にブカレストで生まれ,エネスコ名付親となる。幼くしてブカレスト音楽院に入学し,コルトーの招きで1934年−1939年パリのエコール・ノルマルに学ぶ。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

大辞林 第三版の解説

リパッティ【Dinu Lipatti】

1917~1950) ルーマニアのピアノ奏者。コルトーに師事。ショパンなどの演奏に優れ、不世出の天才といわれたが白血病のため夭折ようせつ

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リパッティ
りぱってぃ
Dinu Lipatti
(1917―1950)

ルーマニアのピアノ奏者。生地ブカレストの音楽院で学ぶ。1934年ウィーン国際コンクールで第二位となり、審査員だったコルトーに認められ、パリに出てコルトーに師事。36年から演奏活動を始めたが、第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)で帰国。43年ナチスがルーマニアに侵入したためスイスに逃れ、ジュネーブ音楽院で教えるとともに演奏活動を続けたが、50年のブザンソン音楽祭に出演したのを最後に、白血病のため33歳の若さで死去した。現代的な感覚のなかに清新なリリシズムを感じさせる演奏は、高貴で孤高と評され、次代の大家を約束されていた。その一端は、残されたモーツァルト、ショパン、シューマン、グリーグの録音に聴くことができる。[岩井宏之]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

リパッティの関連キーワードマルタ アルゲリッチネルソン フレイレルーマニア音楽ルーマニア3月19日デュカース

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

リパッティの関連情報