リビングウイル(英語表記)living will

翻訳|living will

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リビングウイル」の解説

リビングウイル
living will

意思決定能力のあるうちに自分の末期医療の内容について希望を述べること。単なる延命治療を事前に拒否する意図で行なわれる。日本尊厳死協会の入会の誓約書「リビングウイル」では,病気が不治であり,かつ死期が迫っていると診断された場合,(1) 延命措置は一切断る,(2) 苦痛を和らげる処置は最大限施してよく,そのため麻薬などの副作用で期が早まってもかまわない,(3) 数ヵ月以上にわたって植物状態に陥ったときは,一切の生命維持装置を止めること,の要望を宣言する形になっている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉「リビングウイル」の解説

リビング‐ウイル(living will)

自分で意思を決定・表明できない状態になったときに受ける医療について、あらかじめ要望を明記しておく文書。たとえば、持続的植物状態になった場合に延命医療を希望しない、などの意思を伝えることができる。生前遺書LW。→事前指示書
[補説]家族などが本人の日頃言動から判断した意思を推定意思、本人に代わって家族などが示すものを代理意思という。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「リビングウイル」の解説

リビング‐ウイル

〘名〙 (living will) 将来病気・負傷で末期状態になった際に人工呼吸装置などによる延命のための治療を拒否し、自然に死を迎えることを希望するを表明した文書。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

トンガ(国)

太平洋南西部、日付変更線のすぐ西側(南緯約20度・西経約175度)に位置するポリネシア唯一の王国。トンガ海溝に沿って、その西側に南北に連なる諸島をトンガ諸島といい、この諸島をあわせて1970年にトンガ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android