リビングストンデージー(英語表記)Dorotheanthus bellidiformis; Livingstone daisy

  • Dorotheanthus bellidiformis N. E. Br.

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ツルナ科ドロテアンツス属の一年草南アフリカのケープ地方に自生。やや多肉質の茎葉をもち,匍匐して伸びる。葉はへら形で長さ約 5cm。と葉裏は赤紫色を帯び,透明な小突起がたくさんある。花は直径約 4cmで,紫紅色,桃色,橙色,淡黄色,白色などの光沢のある花弁をもち,花壇鉢植えに利用される。よく日の当る水はけのよい場所に植付ける。多肉質であるが乾燥と高温には弱い。春に開花し,暑くなる頃には枯死する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ザクロソウ科の一年草。地面をはって広がる。葉は厚いへら状で、液泡をもつためガラス粉をつけたように見える。5、6月ごろ、中心が白く周囲が桃・橙・黄色の花をつける。アフリカ南部の原産で、花壇やに植えられる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ツルナ科の半耐冬性一年草。メセンブリアンテマムの一種。茎はよく分枝し、地面をはって広がる。葉は多肉質でへら状、両面にガラスの粉をまぶしたような液胞がある。4~5月、各葉腋(ようえき)に径約5センチメートルで菊花状の花を群開する。花弁は多数、細長く光沢に富み、中心部は白色であるが、周辺部にかけて桃、橙(だいだい)、黄色になり、輝くような美しさをみせる。花は晴天の午前に開き、夕刻に閉じる。南アフリカ原産。涼しい乾燥地を好み、高温、多湿には弱い。10月、排水、日当りのよい場所に播種(はしゅ)し、冬季はフレーム内で凍らぬ程度に育てる。普通は鉢植えにするが、春から夏は花壇植えもできる。

[伊藤秋夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

〘名〙 (Livingstone daisy) ツルナ科の一年草。アフリカ南部原産の多肉植物で、観賞用に栽培される。高さ五センチメートルぐらいで茎は地をはう。葉はへら状の多肉質で表裏に水泡をもつ。花は五~六月に葉腋につき、径四センチメートル内外でマツバボタンを思わせる。中心部が白く、弁の先端が濃桃・淡桃・橙・黄色などになる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android