コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リペツク リペツクLipetsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リペツク
Lipetsk

ロシア西部,リペツク州の州都。モスクワ南南東約 370kmにあり,ドン川支流ボロネジ川にのぞむ。 1703年ピョートル1世によって建設され,鉄冶金の中心地として発展。製鉄所 (1897,1934) は 1960年代に銑鋼一貫作業を行う大規模な工場に拡充された。クルスク異常磁域 (クルスク州を中心とした磁気異常地域) の鉄鉱とドネツ炭田の石炭を利用し,地域の工業の中心的存在となっている。ほかに機械 (トラクタ,ラジエータ) ,化学 (薬品) ,食品,セメントなどの工業が行われる教育大学がある。ボロネジの北にあたり,鉄道,ハイウェーで連絡。人口 50万8124(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リペツク

ロシア西部,ボロネジ川河岸の都市で,同名州の州都。冶金,トラクターラジエターなどの工場がある。鉄分を含んだ鉱泉があり,ロシア最古の湯治場(1805年開設)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リペツク【Lipetsk】

ロシア連邦西部,同名州の州都。人口46万6000(1993)。モスクワの南東508km,ボロネジ川の河畔に位置する。18世紀初頭,ピョートル大帝によりこの地に砲弾製造用の銑鉄工場がおかれた。1897年と1934年に創業された二つの鉄工所が1960年代に一貫製鉄プラントになった。副産物としてコークスから窒素肥料が生産されている。ロシアで最古の湯治場(1805開設)がある。【高田 和夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リペツク
りぺつく
Липецк Lipetsk

ロシア連邦西部の工業都市。リペツク州の州都。ドン川支流ボロネジ川沿岸に位置する。人口52万1600(1999)。1703年ピョートル1世によってつくられた鉄工場が市の起源で、ロシア革命(1917)後、鉄冶金(やきん)工業が発達し、第二次世界大戦後に大拡張が施された。ほかに鋼管、トラクター、工作機械、始動用エンジン、ラジエーター、セメント製造などの工業がある。教育大学、郷土博物館、鉱泉・泥浴療養所などの施設をもつ。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リペツクの関連情報