コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リペツク リペツク Lipetsk

4件 の用語解説(リペツクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リペツク
リペツク
Lipetsk

ロシア西部,リペツク州の州都。モスクワ南南東約 370kmにあり,ドン川支流ボロネジ川にのぞむ。 1703年ピョートル1世によって建設され,鉄冶金の中心地として発展。製鉄所 (1897,1934) は 1960年代に銑鋼一貫作業を行う大規模な工場に拡充された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

リペツク

ロシア西部,ボロネジ川河岸の都市で,同名州の州都。冶金,トラクターラジエターなどの工場がある。鉄分を含んだ鉱泉があり,ロシア最古の湯治場(1805年開設)がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

リペツク【Lipetsk】

ロシア連邦西部,同名州の州都。人口46万6000(1993)。モスクワの南東508km,ボロネジ川の河畔に位置する。18世紀初頭,ピョートル大帝によりこの地に砲弾製造用の銑鉄工場がおかれた。1897年と1934年に創業された二つの鉄工所が1960年代に一貫製鉄プラントになった。副産物としてコークスから窒素肥料が生産されている。ロシアで最古の湯治場(1805開設)がある。【高田 和夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リペツク
りぺつく
Липецк Lipetsk

ロシア連邦西部の工業都市。リペツク州の州都。ドン川支流ボロネジ川沿岸に位置する。人口52万1600(1999)。1703年ピョートル1世によってつくられた鉄工場が市の起源で、ロシア革命(1917)後、鉄冶金(やきん)工業が発達し、第二次世界大戦後に大拡張が施された。ほかに鋼管、トラクター、工作機械、始動用エンジン、ラジエーター、セメント製造などの工業がある。教育大学、郷土博物館、鉱泉・泥浴療養所などの施設をもつ。[中村泰三]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リペツクの関連キーワードアルハンゲリスクカルーガクルスクプスコフボルゴグラードマガダンリャザンСамараСаратовウリヤノフスク

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リペツクの関連情報