コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リペール リペールRipert, Georges

4件 の用語解説(リペールの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リペール
リペール
Ripert, Georges

[生]1880.4.22. ラシオタ
[没]1958.7.4. パリ
フランスの法学者。 1906~18年母校エクスアン=プロバンス大学教授,その後パリ大学に転じ,20~49年 M.プラニオールの跡を継いで民法講座を,次いで商法講座をも担当。その後,フランス学士院会長,フランス海法会名誉会長などに推された。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

リペール

フランスの民法・商法学者。パリ大学教授。フランス海法に関する《海商法原論》は古典的名著とされ,法実証主義に立つ《民法教科書》《商法教科書》も有名。民主主義近代資本主義と民法との関係についての法社会学・法哲学的な研究もある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リペール【Georges Ripert】

1880‐1958
フランスの法学者。母校エクサン・プロバンス大学を経てパリ大学教授(1918‐49)。その間,学士院会員(1937)となり,またビシー政府文部大臣(1940)を務めた。民商法の大家であり(プラニオルM.Planiolとの共編著による民法教科書・体系書が重要),海法の権威でもある。実定法以外の法を認めない実証法家を自認していたが,鋭い現実主義から民法に対する道徳,政治,経済の影響を論じた三部作,《民事債権債務関係における道徳原則》(1925),《民主制と現代民法》(1935),《現代資本主義の法的諸局面》(1947)のほか,《法の斜陽》(1949),《法を創造する諸力》(1955)があり,それらは,いずれも法社会学的・法哲学的な深い洞察に富んでいる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リペール
りぺーる
Georges Ripert
(1880―1958)

フランスの法学者。マルセイユ近傍のラ・シオタに生まれる。エクス・アン・プロバンス大学およびパリ大学において民法、商法の講座を担当した。第二次世界大戦中、ビシー政権の下において文相を務めた。全14巻の『民法体系』Trait pratique de droit civil franais(1925~1934)をプラニオルMarcel Planiol(1853―1931)教授とともに監修する。著書として『民法概論』(1951)、『海法』(1919)、『商法原論』(1957)のほか、『法の衰頽(すいたい)』(1949)、『民事上の義務における道徳律』(1948)、『民主制と近代民法』(1950)、『近代資本主義の法的側面』(1951)など、法と社会の関係また法思想に関する著書がある。[野村敬造]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リペールの関連キーワード紙幣整理ブラウンオランダ文学岩崎弥太郎エルメレンスドワルスフォーチュン市川左団次二世勧業博覧会大学野球

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

リペールの関連情報