コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューネブルガーハイデ リューネブルガーハイデ Lüneburger Heide

2件 の用語解説(リューネブルガーハイデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューネブルガーハイデ
リューネブルガーハイデ
Lüneburger Heide

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州ハノーバーの北方,アラー川エルベ川の間にある氷期の堆積物でおおわれた荒地帯。石英の多い砂質土壌のため大部分はヒースや灌木におおわれ,おもにヒツジが放牧されていたが,近年は耕地化や植林が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

リューネブルガー‐ハイデ(Lüneburger Heide)

ドイツ北部、ニーダーザクセン州北東部、エルベ川、ウェーザー川、アラー川に囲まれた荒地。氷河堆積物、砂地、湿地、エリカの群生地が広がり、一部で牧羊や農業が行われている。1921年に自然保護地域に指定された。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リューネブルガーハイデの関連キーワードオルデンブルクツェレハノーバーハーメルンヒルデスハイムアウトシュタットザクセンアンハルトニーダーザクセンハノーファー結婚式の家

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone