コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リューネブルガーハイデ リューネブルガーハイデLüneburger Heide

2件 の用語解説(リューネブルガーハイデの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リューネブルガーハイデ
リューネブルガーハイデ
Lüneburger Heide

ドイツ北西部,ニーダーザクセン州ハノーバーの北方,アラー川エルベ川の間にある氷期の堆積物でおおわれた荒地帯。石英の多い砂質土壌のため大部分はヒースや灌木におおわれ,おもにヒツジが放牧されていたが,近年は耕地化や植林が進んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

リューネブルガー‐ハイデ(Lüneburger Heide)

ドイツ北部、ニーダーザクセン州北東部、エルベ川、ウェーザー川、アラー川に囲まれた荒地。氷河堆積物、砂地、湿地、エリカの群生地が広がり、一部で牧羊や農業が行われている。1921年に自然保護地域に指定された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone