リンボク(読み)りんぼく

日本大百科全書(ニッポニカ)「リンボク」の解説

リンボク
りんぼく / 橉木
[学] Laurocerasus spinulosa (Sieb. et Zucc.) C.K.Schneid.
Prunus spinulosa Sieb. et Zucc.

バラ科(APG分類:バラ科)の常緑小高木。葉はヒイラギのように刺(とげ)状の鋸歯(きょし)があり、カシの木に似るのでヒイラギカシともいい、また材が堅いのでカタザクラともいう。葉は互生し、長楕円(ちょうだえん)形で長さ5~7センチメートル、先は尾状にとがる。若木の葉は縁(へり)に先が針状の鋸歯があり、老木では全縁になって波を打つ。革質で表面に光沢がある。9~10月、長さ5~8センチメートルの総状花序をつくり、径約6ミリメートルの小さな白色花を密な穂状につける。果実は楕円形で長さ約8ミリメートル、先はすこしとがり、翌年の5月ころ、黒く熟す。暖地の常緑樹林内の山地に生え、関東地方以西の本州から沖縄、および台湾、中国に分布する。

小林義雄 2020年1月21日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典「リンボク」の解説

リンボク
Prunus spinulosa

バラ科の常緑高木。ヒイラギガシ,カタザクラともいう。本州の関東以西,四国,九州,沖縄などの暖地の山中に生える。は高さ 5m内外,樹皮は黒褐色ではげない。葉は柄があり長さ5~8cmの長楕円形で先端は鋭く尾状にとがり,縁は波状でまばらに鋸歯があってその先は針になっている。葉身は厚い革質で光沢があり,一見サクラ属の葉にはみえない。葉柄の基部に2個の蜜腺がある。9~10月に,葉腋から総状花序を出し,白い小花を密につける。萼筒は広倒円錐形,花弁は小さくてはっきりしない。核果は広楕円形で翌年に黒熟する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

今日のキーワード

NATO

北大西洋条約機構North Atlantic Treaty Organizationの略称。冷戦が激化した1949年に調印された北大西洋条約に基づき設立された自由陣営最大の国際軍事機構。加盟国中の一国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android