コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リンポポ[川] リンポポ

百科事典マイペディアの解説

リンポポ[川]【リンポポ】

アフリカ南部の大河。南ア共和国のプレトリア(ツワネ)付近に発し,大きな半円形を描きながらボツワナおよびジンバブエとの国境を流れ,モザンビークでインド洋に注ぐ。全長1800km。
→関連項目モザンビーク(国)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リンポポ[川]【Limpopo River】

アフリカ南東部の国際河川。全長1770km(アフリカ7位),流域面積44万km2(アフリカ9位)。本流の上流部はクロコダイル川Crocodile Riverと呼ばれ,南アフリカ共和国北東部のプレトリア付近に源を発し,北西流する。ボツワナとの国境でマリコ川を合わせてリンポポ川となり,両国の国境を北東に流れ,さらに南アフリカ共和国とジンバブウェとの境界を東流する。次いでモザンビーク領に入ってからは南東に流れてインド洋に注ぐ。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

リンポポ[川]の関連キーワードガマ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android