コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーグニツの戦 リーグニツのたたかい

2件 の用語解説(リーグニツの戦の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

リーグニツの戦【リーグニツのたたかい】

シュレジエン南西のリーグニツLiegnitz(現ポーランドレグニツァ)で行われた戦い。(1)1241年チンギス・ハーンの甥(おい)バトゥの率いるモンゴル軍とシュレジエンハインリヒ2世の率いるドイツ・ポーランド連合軍が戦い,ハインリヒは敗北,モンゴル軍も多大の損害を受け南東方へ撤退した。
→関連項目レグニツァ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リーグニツのたたかい【リーグニツの戦】

1241年4月9日,シュレジエン南西のリーグニツLiegnitz(現,ポーランド領レグニツァ)の南東ワールシュタットWahlstattで,バイダルの指揮するバトゥ麾下(きか)のモンゴル軍団がシュレジエン公ハインリヒ2世のドイツ・ポーランド軍を破った戦い。ワールシュタットの戦ともいう。戦いについての史料は少ないが,ハンガリーに向かう本隊と分かれてブレスラウ(現,ブロツワフ)から進撃してくるモンゴル軍を,ハインリヒ軍はその領国の西境に近いリーグニツ砦で迎撃しようとした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone