リーグニツの戦(読み)リーグニツのたたかい

百科事典マイペディアの解説

リーグニツの戦【リーグニツのたたかい】

シュレジエン南西のリーグニツLiegnitz(現ポーランドのレグニツァ)で行われた戦い。(1)1241年チンギス・ハーンの甥(おい)バトゥの率いるモンゴル軍とシュレジエン公ハインリヒ2世の率いるドイツ・ポーランド連合軍が戦い,ハインリヒは敗北,モンゴル軍も多大の損害を受け南東方へ撤退した。ワールシュタットWahlstattの戦とも。(2)七年戦争中の1760年,プロイセンのフリードリヒ2世がオーストリア軍を撃破し,ロシアとオーストリアの連携を阻止することに成功。
→関連項目レグニツァ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リーグニツのたたかい【リーグニツの戦】

1241年4月9日,シュレジエン南西のリーグニツLiegnitz(現,ポーランド領レグニツァ)の南東ワールシュタットWahlstattで,バイダルの指揮するバトゥ麾下(きか)のモンゴル軍団がシュレジエン公ハインリヒ2世のドイツ・ポーランド軍を破った戦い。ワールシュタットの戦ともいう。戦いについての史料は少ないが,ハンガリーに向かう本隊と分かれてブレスラウ(現,ブロツワフ)から進撃してくるモンゴル軍を,ハインリヒ軍はその領国の西境に近いリーグニツ砦で迎撃しようとした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ゲーム障害

オンラインゲームなどへの過度な依存により日常生活に支障をきたす疾病。インターネットやスマートフォンの普及でオンラインゲームなどに過度に依存する問題が世界各地で指摘されていることを受け、世界保健機関(W...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android