コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーシュマニア Leishmania

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーシュマニア
Leishmania

トリパノソーマと同じく血液・組織寄生鞭毛虫類に属する脊椎動物の寄生原虫。ヨーロッパおよびアジアでカラアザールを起す L. donovani,アフリカ,ヨーロッパ,東方諸国で手足や顔に瘤腫を起し潰瘍になる東方腫を起す L. tropica,中南米で鼻や口腔の粘膜に潰瘍を起す L. braziliensisが含まれるが,構造的にはすべて同一である。いずれもサシチョウバエが媒介するが,患者の便や分泌物からの直接感染も考えられる。人体内ではおもに脾臓,肝臓,骨髄などの内皮細胞中にみられる。 (→チョウバエ )  

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

リーシュマニア

動物性鞭毛(べんもう)虫綱トリパノソーマ科に属する寄生原虫。カラアザール病黒熱病)の病原体リーシュマニア・ドノバニが著名。ほかに東洋腫という皮膚病,南米のエスプンジアという鼻咽喉(いんこう)粘膜に潰瘍(かいよう)をつくる病気の病原体もリーシュマニアに属する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

リーシュマニア【Leishmania】

原生動物の一属で,トリパノソーマ科に属する寄生原虫。種々のリーシュマニア症をひき起こす。リーシュマニアはサシチョウバエのメスにより吸血を介して伝播される。ハエの体内で増殖したリーシュマニアは,ハエの吸血吻(ふん)に達し,吸血によって最終宿主体内に侵入する。ヒトおよび脊椎動物の体内では,リーシュマニアは直径2~4μmの球形ないし卵形をしており鞭毛をもたない。ハエの体内では,長さ10~20μmの細長い形をしており鞭毛を有する。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

リーシュマニアの関連キーワードWHOによる糸球体疾患の分類顧みられない熱帯病人獣共通感染症動物性鞭毛虫類カラ・アザールリーシュマン原虫感染症抗原虫薬ラブラン原生動物

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android