コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーリエンクローン Detlev von Liliencron

2件 の用語解説(リーリエンクローンの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

リーリエンクローン【Detlev von Liliencron】

1844‐1909
ドイツの詩人。キール生まれる。軍人を志望し,故郷が当時デンマーク領だったため,越境してプロイセン軍に投じ,戦地で負傷。退役後北アメリカに渡るが,失意の帰国。官吏になるかたわら詩作を始め,90年以後著述が専業となる。はじめは退役軍人の余技と見くびられたが,詩集《副官騎行》(1883)などで戦争場面や北ドイツの風物を映像的なとらえ方で突き放して描く詩風が一部で注目された。今では印象主義の代表者と見られているが,音楽的感覚を生かしユーモアをきかせた民謡風の詩にも佳作が多い。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーリエンクローン
りーりえんくろーん
Detlev Freiherr von Liliencron
(1844―1909)

ドイツの詩人。北ドイツのキールに生まれる(ニーチェと同年)。プロイセンの士官として、プロイセン・オーストリア戦争、プロイセン・フランス戦争に従軍。これが彼の原体験となった。素朴な軍人気質の持ち主で、狩猟を愛し、恋愛の自由を謳歌(おうか)する生活を送った。しかしそのため借金がかさんで軍隊を退き、アメリカに渡ったが、うまくいかず帰国。プロイセンの地方官吏の職を得て、30代なかばから詩作を始め、『副官騎行』(1883)で認められた。軍人的で力感にあふれ、擬音語も取り入れた感覚的な詩風には一種の新しさがあり、印象主義の詩人として若い世代の人気を集めた。[松本道介]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

リーリエンクローンの関連キーワードオーピッツシュトルム西ドイツハイネブレンターノブロッケスミンコフスキー統一ドイツフーズムドイツの小さな町

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone