コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

リーワード諸島 リーワードしょとうLeeward Islands

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

リーワード諸島
リーワードしょとう
Leeward Islands

西インド諸島東部,小アンティル諸島北部の島群。北東へ張出す弧を描いて連なり,北西からバージン諸島,アンギラ島サンマルタン島,セントキッツ島,アンティグア島モントセラト島グアドループ島,ドミニカ島などから成る。主産業は農業で,サトウキビ,熱帯果樹,タバコ,カカオ,コーヒーなどを栽培。主要な島には農産物加工業が立地。近年は観光業が重要な産業となってきている。ドミニカ国が 1978年に,アンティグア・バーブーダが 81年に,セントキッツ・ネビスが 83年にいずれもイギリスから独立したが,ほかはすべてイギリス,フランス,アメリカ合衆国,オランダなどに属する非独立地域である。リーワードは「風下の」の意であるが,これは東からの貿易風に対して,南のウィンドワード (「風上の」の意) 諸島より風下にあることから名づけられた。なお最南のドミニカ島はウィンドワード諸島に含められることもある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

リーワード諸島
りーわーどしょとう
Leeward Islands

カリブ海東部、小アンティル諸島北部の列島。プエルト・リコ島の東から、マルティニーク海峡までの島々で、南東に約400キロメートルにわたって連なる。名称は「風下諸島」の意。イギリスおよびアメリカ領のバージン諸島、オランダおよびフランス領のサン・マルタン島、オランダ領のサバ島、セント・ユスタティウス島、フランス領のグアドループ島、マリー・ガラント島、イギリス領のモントセラト島、アンギラ島、独立国のアンティグア・バーブーダ、ドミニカ国、セント・クリストファー・ネイビスなどからなる。島々の大部分は火山島であり、北東貿易風の影響で風上斜面は雨量が多く、山は森に覆われている。また、周囲が海のため、気温が和らげられ、気温の年較差は少なく、避寒地となっている島が多い。主産物は果物、サトウキビ、綿花、コーヒー、タバコなどである。[菅野峰明]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

リーワード諸島の関連キーワードセント・ジョンズ(アンティグア・バーブーダ)セントクリストファー・ネビスアンティグア・バーブーダシントエースタツィウスウィンドワード[諸島]オランダ領アンティルサン・マルタン[島]小アンティル[諸島]モントセラト[島]ポアンタ・ピートル西インド[諸島]ポアンタピートルアングイラ[島]ポワンタ・ピトルサンバルテルミ島セント・キッツ島セントジョンズアンティル海流マリガラント島バス・テール

今日のキーワード

首相指名

首相(内閣総理大臣)は国会議員の中から国会の議決で指名する(憲法67条)。衆参両院が異なった人を指名した場合、両院協議会でも意見が一致しない時は、衆院の議決を国会の議決とする。首相は文民でなければなら...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android