コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイビンスク ルイビンスク Rybinsk

3件 の用語解説(ルイビンスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイビンスク
ルイビンスク
Rybinsk

1946~57年はシチェルバコフ Shcherbakov。ロシア西部,ヤロスラブリ州の都市。州都ヤロスラブリの北西約 80km,ボルガ川ルイビンスク人造湖から流出する地点に位置する河港都市。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルイビンスク

ロシアの都市。モスクワ北方,ルイビンスク湖(ボルガ川の人造湖で,面積4580km2,平均水深5.6m)に臨む港湾都市。機械,造船,電線,マッチなどの工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ルイビンスク【Rybinsk】

ロシア連邦西部,モスクワの北北東約270kmに位置するボルガ川の河港都市。人口25万2000(1993)。ソ連時代には4度名称が変わった。すなわち,シチェルバコフShcherbakov(1946‐57),ルイビンスク(1957‐84),アンドロポフAndropov(1984‐89),1989年現名に改称。ボルガ川の一部となっているルイビンスク湖(1941完成)の南部に接し,発電所がある。16世紀から造船工業で知られ,商業も活発になり,十月革命までボルガ流域の穀物,小麦粉の取引の中心地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルイビンスクの関連キーワードポドリスクヤロスラブリАбрамцевоАлександровЭлектростальОрехово-ЗуевоГжельКлинКоломнаПодольск

今日のキーワード

カルテット

四重唱および四重奏。重唱,重奏の形態のなかで最も基本的なもので,声楽ではルネサンスの多声歌曲の形式であるシャンソンやフロットラから始り長い歴史をもつ。器楽も同様で,特に弦楽四重奏は室内楽の全レパートリ...

続きを読む

コトバンク for iPhone