コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイビンスク ルイビンスクRybinsk

3件 の用語解説(ルイビンスクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルイビンスク
Rybinsk

1946~57年はシチェルバコフ Shcherbakov。ロシア西部,ヤロスラブリ州の都市。州都ヤロスラブリの北西約 80km,ボルガ川ルイビンスク人造湖から流出する地点に位置する河港都市。 12世紀に始る集落が 1777年市となった。 1810年市を経てボルガ川水系とバルト海を結ぶマリインスク水路が開通してから河港として発展。 1941年には市の上流のボルガ川をせきとめて巨大な人造湖水力発電所が建設された。 64年マリインスク水路はボルガ=バルト水路として改築され,市は内陸水運の要地として繁栄している。主要工業は機械 (印刷,道路建設,木材加工) ,ケーブル,木材加工,マッチ,食品などである。モスクワの北北東約 280kmにあたり,鉄道,ハイウェー,水路で連絡。人口 20万771(2010)。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ルイビンスク

ロシアの都市。モスクワ北方,ルイビンスク湖(ボルガ川の人造湖で,面積4580km2,平均水深5.6m)に臨む港湾都市。機械,造船,電線,マッチなどの工業が行われる

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルイビンスク【Rybinsk】

ロシア連邦西部,モスクワの北北東約270kmに位置するボルガ川の河港都市。人口25万2000(1993)。ソ連時代には4度名称が変わった。すなわち,シチェルバコフShcherbakov(1946‐57),ルイビンスク(1957‐84),アンドロポフAndropov(1984‐89),1989年現名に改称。ボルガ川の一部となっているルイビンスク湖(1941完成)の南部に接し,発電所がある。16世紀から造船工業で知られ,商業も活発になり,十月革命までボルガ流域の穀物,小麦粉の取引の中心地であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

ルイビンスクの関連キーワードイタリア映画新日本文学戦争放棄カストリ雑誌北朝鮮新教育世界(雑誌)盧武鉉南海地震ビキニ

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone