コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイヨウショウマ Actaea asiatica Hara

2件 の用語解説(ルイヨウショウマの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

ルイヨウショウマ【Actaea asiatica Hara】

深山の林のなかに生えるキンポウゲ科多年草イラスト)。葉がショウマ(サラシナショウマ)に似るところからつけられた。よく発達した根茎があり,茎は高さ40~70cm,分枝せず,2~3枚の大きな茎葉をつける。茎の基部に根生葉はなく,数枚の大きな鱗片がある。茎葉は2~4回3出複葉で,小葉は卵形ないし狭卵形,ときに3裂し,あらい鋸歯がある。5~6月,茎の先に短い総状花序を出し,白い花を密につける。萼片は白く花弁状であるが,早く落ちる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイヨウショウマ
るいようしょうま / 類葉升麻
[学]Actaea asiatica Hara

キンポウゲ科の多年草。茎は高さ40~70センチメートル。根出葉は退化して鱗片葉(りんぺんよう)となる。茎葉は大形で、2~4回3出の複葉。5~6月、長さ約5センチメートルの総状花序をつくり、多数の白色花を開く。雌しべは1本、丸い液果となり、黒く熟す。温帯から亜寒帯の林内に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。本州北部、北海道、およびユーラシア大陸には赤い液果をつける別種アカミノルイヨウショウマA. erythrocarpa Fisch.が分布する。名は、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似るという意味である。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ルイヨウショウマの関連キーワード唐松草金梅草草牡丹信濃金梅節分草深山苧環深山金梅類葉升麻馬の足形深山鶉

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone