コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルイヨウショウマ Actaea asiatica Hara

世界大百科事典 第2版の解説

ルイヨウショウマ【Actaea asiatica Hara】

深山の林のなかに生えるキンポウゲ科多年草(イラスト)。葉がショウマ(サラシナショウマ)に似るところからつけられた。よく発達した根茎があり,茎は高さ40~70cm,分枝せず,2~3枚の大きな茎葉をつける。茎の基部に根生葉はなく,数枚の大きな鱗片がある。茎葉は2~4回3出複葉で,小葉卵形ないし狭卵形,ときに3裂し,あらい鋸歯がある。5~6月,茎の先に短い総状花序を出し,白い花を密につける。萼片は白く花弁状であるが,早く落ちる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルイヨウショウマ
るいようしょうま / 類葉升麻
[学]Actaea asiatica Hara

キンポウゲ科の多年草。茎は高さ40~70センチメートル。根出葉は退化して鱗片葉(りんぺんよう)となる。茎葉は大形で、2~4回3出の複葉。5~6月、長さ約5センチメートルの総状花序をつくり、多数の白色花を開く。雌しべは1本、丸い液果となり、黒く熟す。温帯から亜寒帯の林内に生え、北海道から九州、および朝鮮半島、中国に分布する。本州北部、北海道、およびユーラシア大陸には赤い液果をつける別種アカミノルイヨウショウマA. erythrocarpa Fisch.が分布する。名は、葉がサラシナショウマ(晒菜升麻)に似るという意味である。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android