コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルキリウス ルキリウスLucilius, Gaius

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルキリウス
Lucilius, Gaius

[生]前180頃.スウェッサアウルンカ
[没]前103/前102. ネアポリス
ローマの詩人。スキピオのサークルの最有力メンバーの一人。サトゥラ (風刺詩) の真の創始者として,その形式をヘクサメトロスにほぼ固定し,「談論詩」 sermonesの名を用い,私生活,交友,旅,酒宴,文学などを話題にしながら,個人攻撃と社会批評を無遠慮に行なった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ルキリウス【Gaius Lucilius】

?‐前102ころ
ローマの風刺詩人。ラティウム地方の町スエッサ・アウルンカの裕福な市民の家に生まれた。生年は前180年ころとも推測されている。ルキリウスは裕福であるとともに,スキピオ(小)をはじめとする第一級の人物たちと交友関係を結んでいた。彼が臆するところなく有名人たちを批判する風刺詩を公にしえた大きな理由の一つは,彼自身が特権的身分を有していたことにある。ルキリウスは,後にホラティウスペルシウスユウェナリスらの詩人たちに継承されていった風刺詩というジャンルを開発し,その韻律として6脚韻を用いることを確立した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルキリウス
るきりうす
Gaius Lucilius
(前180ころ―前102ころ)

古代ローマの詩人。風刺詩(サトゥラ)の創始者。最高の教養を備え、小スキピオおよびその友人たちと親交を結んだ。『風刺詩』30巻で人の世をありのままに描き、嘲笑(ちょうしょう)、警告、叱責(しっせき)を自由に駆使し、悪事を容赦なく名指しで暴露した。テーマは文学論争、政治戯評、社会批判、哲学談義、人生論、旅行記、動物寓話(ぐうわ)など多彩を極める。[中山恒夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のルキリウスの言及

【ラテン文学】より

…これらのうちで現存するのは,プラウトゥス21編,テレンティウス6編の喜劇だけである。詩にはこのほかエンニウスの始めた風刺詩があり,ルキリウスはこのジャンルに専念して事実上の創始者になった。散文には大カトーの歴史書と百科全書的著作があり,一部現存する。…

※「ルキリウス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ルキリウスの関連キーワードラテン文学史(年表)セネカ(小セネカ)ラテン文学

今日のキーワード

荒らげる

[動ガ下一][文]あらら・ぐ[ガ下二]声や態度などを荒くする。荒々しくする。「言葉を―・げる」[補説]文化庁が発表した平成22年度「国語に関する世論調査」では、本来の言い方とされる「声をあららげる」を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android