コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルバーブ ルバーブ Rheum rhaponticum; rhubarb

8件 の用語解説(ルバーブの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルバーブ
ルバーブ
Rheum rhaponticum; rhubarb

タデ科の多年草シベリア南部原産で,食用に各地で栽培され,ショクヨウダイオウ (食用大黄) ,マルバダイオウとも呼ばれる。根は肥大し,多数の茎を根もとから分ち大株となる。葉は根生し心臓形で長さ 30~50cmに達し,葉柄は長さ 30cm,太さ 3cmにもなる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ルバーブ
ルバーブ

ラバーブ」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ルバーブ(rhubarb)

タデ科の多年草。高さ1~2メートルダイオウに似て、葉は心臓形。初夏、花茎を伸ばして緑白色の小花を多数つける。葉柄は紅色を帯び、酸味と芳香があり、煮てジャムゼリーソースなどを作る。シベリアの原産。食用大黄(しょくようだいおう)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ルバーブ

アフガニスタンのリュート撥弦楽器。木を舟形にくり抜いて羊の皮を張った共鳴胴(中央部に左右から深いくびれが入っている)。旋律用のガットかナイロン弦3本,ドローン(持続音)用の金属弦2〜3本,主弦の下に張られる共鳴用の金属弦10〜14本。

ルバーブ

食用ダイオウとも。シベリア原産のタデ科の多年草。心臓形の幅広い葉を束生し,葉柄は太く長い。食用にするのは葉柄の部分で,多量のリンゴ酸シュウ酸クエン酸などを含み酸味を有する。
→関連項目ダイオウ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

栄養・生化学辞典の解説

ルバーブ

 [Rheum rhaponticum],[R. rhabarbarum].ダイオウともいう.タデ目タデ科カラダイオウ属の多年草.葉柄を食用にする.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ルバーブ【rhubarb】

葉柄を食用にするタデ科の多年草。ショクヨウダイオウ(食用大黄),マルバダイオウ(丸葉大黄)ともいう。原産地はシベリア南部とされているが,ギリシアローマ時代にはすでに栽培されていた。イギリスには16世紀に導入されたが,市場に出るようになったのは19世紀になってからである。日本に入ったのは明治初期とされるが,普及するに至っていない。温帯の中北部に適し,暖帯にはむかない。土壌は選ばない。根生する葉は無毛で大きく,心臓形をしている。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

ルバーブ【rhubarb】

軟化栽培した大黄だいおうの葉柄。弱い酸味があり、生食やジャムの原料などにする。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のルバーブの言及

【ダイオウ(大黄)】より

…そのうち数種の根茎が漢方の大黄として利用されるが,種により薬効成分の含量は異なる。また葉柄を食用にするルバーブがある。それらのうちダイオウR.officinale Baill.は太い根茎をもち,根出葉は卵円形で3~7裂,幅30~90cm。…

※「ルバーブ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ルバーブの関連キーワード食用作物ダイオウ(大黄)御蓼桜蓼食用蝸牛食用菊食用菌橐吾蓮芋キク

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ルバーブの関連情報