コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

実験現象学 じっけんげんしょうがくexperimental phenomenology

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

実験現象学
じっけんげんしょうがく
experimental phenomenology

直接経験に現れる心的現象をそのままの形でとらえ,その特質を把握,記述し,その本質をになっている諸条件を実験的に明らかにしようとする心理学の一流派。 E.フッサール現象学の影響を受けた C.シュトゥンプの機能主義的な立場から発展した流派で,D.カッツ色の現れ方,E.J.ルビンの図と地の研究が著名であり,ゲシュタルト心理学の展開に貢献した。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっけん‐げんしょうがく〔‐ゲンシヤウガク〕【実験現象学】

直接経験(現象)をあるがままにとらえ、その特性に従って記述・分類し、実験的に現象の現れる条件を明らかにしようとする心理学の立場。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっけんげんしょうがく【実験現象学】

意識体験をあるがままにとらえ、それを可能な限り細かく記述し、実験的に比較・分類する心理学の立場。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

実験現象学
じっけんげんしょうがく
experimental phenomenology

素朴自然な態度で現象をあるがままの姿でとらえ、現象をその特性に従って記述分類し、実験的に相互関係を比較し、現象的性格の本質を明らかにしようとする立場。実験現象学では、現象を内観法などの特殊な分析態度で構成要素に分解したり、現象生起の条件を物理的刺激の性質に求めたりする方法をとらない。ドイツの心理学者カッツの『色の現れ方』(1911)、同じくドイツの心理学者ウェルトハイマーの『視覚的運動の現れ方』(1912)、『まとまりの要因の研究』(1923)などは本質的に実験現象学的方法の成果といえる。これらはゲシュタルト心理学の成立に重要な貢献をなした。[今井省吾]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内の実験現象学の言及

【ルビン】より

…デンマークの心理学者。1911年ゲッティンゲン大学に学び,ミュラーG.E.Müllerの指導をうけるが,同地では後に実験現象学Experimentelle Phänomenologieのもう一方の雄となったカッツD.Katzと一緒であった。〈ルビンの盃〉(一つの図形が盃にみえたり,人の横顔にみえたりする反転図形)で知られるように,視覚対象を現象学的に記述し,“図”と“地”の相違およびその基本的特徴を明らかにし,それが視覚のみならず他の感覚にも認めうることを主張した。…

※「実験現象学」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

ユニコーン企業

企業としての評価額が10億ドル(約1250億円)以上で、非上場のベンチャー企業を指す。ベンチャー企業への投資を専門的に行う投資会社を「ベンチャーキャピタル(venture capital)」と呼ぶが、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android