コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルブアルハーリー砂漠 ルブアルハーリーさばくRub al-Khālī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルブアルハーリー砂漠
ルブアルハーリーさばく
Rub al-Khālī

アラビア半島南部を西南西から東北東に長く延びる砂漠。アラビア語で「空白の地域」の意。長さ約 1200km,幅約 650km,面積約 65万km2サウジアラビアの面積の 4分の1以上を占め,イエメンオマーンアラブ首長国連邦にまたがる。大部分が未調査地。世界で最も乾燥した地域で,夏の暑さは厳しい。住民のベドウィン(→ベドウィン族)は,砂を意味するラムラーと呼び,わずかに少数民族のムーラ族も居住。南東の一隅は比較的水利がよく,ベドウィンが多い。最初の徒歩横断旅行は 1930~31年にイギリス人のバートラム・シドニー・トマスによって行なわれた。1948年に世界最大のガッワール油田が発見され,東部は 1950年以降に石油会社アラムコ(→サウジアラムコ)の手で開発された。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

ルブアルハーリー‐さばく【ルブアルハーリー砂漠】

Rub' al Khali》アラビア半島南部にある砂漠。名称はアラビア語で「空白の地域」を意味する。サウジアラビア南部から、オマーン、アラブ首長国連邦、イエメンに及ぶ。大半を砂砂漠が占める。ルブアルハリ砂漠。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

ルブアルハーリー砂漠の関連キーワードハドラマウトナジド地方ジャウフハサ地方ハラドシスル

今日のキーワード

優曇華

《〈梵〉udumbaraの音写「優曇波羅」の略。霊瑞、希有と訳す》1㋐インドの想像上の植物。三千年に一度その花の咲くときは転輪聖王が出現するという。㋑きわめてまれなことのたとえ。2 クサカゲロウ類が産...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android