ルブアルハーリー砂漠(読み)ルブアルハーリーさばく(英語表記)Rub al-Khālī

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ルブアルハーリー砂漠
ルブアルハーリーさばく
Rub al-Khālī

アラビア半島南部を西南西から東北東に長く延びる砂漠。アラビア語で「空白の地域」の意。長さ約 1200km,幅約 650km,面積約 65万km2サウジアラビアの面積の 4分の1以上を占め,イエメンオマーンアラブ首長国連邦にまたがる。大部分が未調査地。世界で最も乾燥した地域で,夏の暑さは厳しい。住民のベドウィン(→ベドウィン族)は,砂を意味するラムラーと呼び,わずかに少数民族のムーラ族も居住。南東の一隅は比較的水利がよく,ベドウィンが多い。最初の徒歩横断旅行は 1930~31年にイギリス人のバートラム・シドニー・トマスによって行なわれた。1948年に世界最大のガッワール油田が発見され,東部は 1950年以降に石油会社アラムコ(→サウジアラムコ)の手で開発された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ルブアルハーリー‐さばく【ルブアルハーリー砂漠】

Rub' al Khali》アラビア半島南部にある砂漠。名称はアラビア語で「空白の地域」を意味する。サウジアラビア南部から、オマーン、アラブ首長国連邦、イエメンに及ぶ。大半を砂砂漠が占める。ルブアルハリ砂漠。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

トランスジェンダー

性別違和をもつ人々の総称。性別違和とは,体の性的特徴,出生時の体に基づいて判別された性別や,その役割に課される性役割,性別表現など,すなわちジェンダーへの違和感である。トランスジェンダーには,他方の性...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android