コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ルーカス(読み)るーかす(英語表記)George Lucas

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ルーカス(George Lucas)
るーかす
George Lucas
(1944― )

アメリカの映画監督、製作者。カリフォルニア州モデストに生まれる。南カリフォルニア大学映画科を経て、フランシス・コッポラの製作による『THX1138』(1970)で監督デビューし、『スター・ウォーズ』(1977)を世界的にヒットさせた。その後、『スター・ウォーズ』シリーズや監督のスピルバーグと組んだ『インディ・ジョーンズ』シリーズなど、製作を活動の主体に置き、特殊効果をふんだんに盛り込んだ冒険ファンタジーが主体となるハリウッド映画の動向に大きな影響を与えた。『スター・ウォーズ』をきっかけに、特殊効果を専門とするインダストリアル・ライト&マジック社(ILM)を設立、1980年代初頭にCG部門を開設してピクサー・アニメーション・スタジオの母体をつくった。その一方、上映施設の音響機器の特性から館内の残響・遮音に至るまで厳しい基準を設定し、自作の高品質な音響が映画館でも再現できるよう意図したTHXプログラムを展開。その影響は上映フィルムの品質管理ばかりか、DVDやブルーレイディスクなどの家庭用ソフトやプレイヤーやプロジェクターなどの品質にまで及んだ。
 1999年には22年ぶりに『スター・ウォーズ』シリーズの第4作で最初の物語にあたる『スター・ウォーズ エピソード1/ファントム・メナス』(脚本・監督・製作総指揮)を発表。その後も同様に『スター・ウォーズ エピソード2/クローンの攻撃』(2002)、『スター・ウォーズ エピソード3/シスの復讐』(2005)をつくるとともに、『スター・ウォーズ』の3D化、映画のデジタルデータ化による、フィルムを使わない映画館デジタル上映構想を推進している。[出口丈人]
『トーマス・G・スミス著、石上三登志監訳『ジョージ・ルーカスのSFX工房』(1987・朝日新聞社) ▽デール・ポロック著、光山昌男訳『ジョージ・ルーカス――ハリウッドを超えた映像帝国若き成功者』(1989・学習研究社) ▽チャールズ・チャンプリン著、秦新二訳『ジョージ・ルーカス――ルーカスフィルム20年の軌跡』(1993・キネマ旬報社) ▽秦新二編著『ジョージ・ルーカスの大博物館』(1993・文芸春秋) ▽『スター・ウォーズ・クロニクル』(1995・竹書房) ▽ゲリー・ジェンキンズ著、野田昌宏訳『ルーカス帝国の興亡――「スター・ウォーズ」知られざる真実』(1998・扶桑社) ▽『「スター・ウォーズ」とジョージ・ルーカス 総特集』(1999・河出書房新社) ▽ジョン・バクスター著、奥田祐士訳『ジョージ・ルーカス』(1999・ソニーマガジンズ)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

鑑定留置

被疑者・被告人が精神障害などで刑事責任能力を問えない可能性がある場合に、精神・心身の状態を鑑定するため、被疑者・被告人を病院などの施設に留置すること。捜査機関が裁判所に請求し、認められた場合に、期限を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ルーカスの関連情報