コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レイテ湾海戦 レイテわんかいせんBattle of Leyte Gulf

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レイテ湾海戦
レイテわんかいせん
Battle of Leyte Gulf

太平洋戦争末期の 1944年 10月 23~25日,フィリピン近海で日米艦隊の間で戦われた海戦。アメリカ軍のレイテ湾上陸を阻止しようとする「捷 (しょう) 1号作戦」の発動により,豊田副武司令長官の率いる連合艦隊が総力をあげて,W.ハルゼー大将の率いるアメリカ第3艦隊に向った。連合艦隊は栗田部隊を主力に西村隊,小沢隊,志摩隊の4隊に分れ,兵力は航空母艦 (空母) 4,戦艦8,重巡洋艦9,主力は陸上基地航空兵力の第1,2航空艦隊で陸・海軍作戦可能機約 500機であった。アメリカ第3艦隊の主力は M.ミッチャー隊の空母9,軽空母8,戦艦6,重巡洋艦4,艦載機 1073機であった。スリガオ海峡,サマール沖,エンガノ岬沖などが主戦場となり,日本側は空母が全滅し,戦艦3,重巡洋艦6,その他 15と航空機の大半を失った。アメリカ側の損害は,空母1,軽空母3,その他数隻であった。結局,陸上基地航空兵力は空母兵力に敵しえず,日本が大敗し,連合艦隊は事実上壊滅した。なお,この戦いで神風特別攻撃隊が編成され,最初の攻撃が行われた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

レイテ湾海戦【レイテわんかいせん】

フィリピンのレイテ島争奪をめぐって1944年10月23〜26日に行われた日米間の海戦。両国海軍がほとんど全力をあげて戦った空前の大海戦で,日本艦隊は突入作戦に失敗し,戦艦武蔵(大和・武蔵)をはじめ連合艦隊の主力を失い,以後戦闘艦艇としての連合艦艇はなくなった。
→関連項目神風特別攻撃隊台湾沖航空戦ハルゼーレイテ[島]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

レイテわんかいせん【レイテ湾海戦】

1944年10月23~26日,フィリピン周辺海域で行われた日米両艦隊による海戦で,参加兵力(日本側水上艦艇77隻,飛行機約700機,アメリカ側152隻,約1300機),戦闘距離,死傷者数などにおいて史上最大の海戦である。日本側では捷(しよう)一号作戦またはフィリピン(比島)沖海戦と呼ばれる。1944年10月20日,連合軍は中部フィリピンのレイテ島に来攻した。連合艦隊は捷一号作戦計画に基づき,水上艦隊をレイテ湾に突入させ,連合軍の上陸企図の破砕を図った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

レイテ湾海戦の関連キーワード太平洋戦争(日本)トマス キンケード高雄型重巡洋艦第2次世界大戦Z旗

今日のキーワード

だまされたふり作戦

「振り込め詐欺」に代表される特殊詐欺事件の警察による捜査手法の一つで、振り込め詐欺と思われる不審な電話があった時、被害者が協力してだまされたふりをし、容疑者の電話番号、振込先、訪問時間などを聞き出し、...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android