コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

レガーリエン レガーリエン Regalien; regalia

2件 の用語解説(レガーリエンの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

レガーリエン
レガーリエン
Regalien; regalia

中世ヨーロッパで国王のもっていた収益を伴う諸特権の総称。貨幣鋳造権,関税徴収権,狩猟権,鉱業権,採塩権,市場開設権,ユダヤ人保護権などが含まれる。レガーリエンは公権および私権の2性質を兼ねそなえた独自の権利で,近代初期の絶対主義王権存立の重要な基礎となったほか,ドイツでは皇帝フリードリヒ2世 (在位 1220~50) 以来この権利が次第に領邦諸侯の手に移り,領邦君主権の確立に重要な役割を果した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

レガーリエン【Regalien[ドイツ]】

中世ヨーロッパにおいて,国王のみが独占的に行使し,また他人に付与しえた大権をいう。ラテン語ではレガリアregalia。レガーリエンという観念は,すでにフランク王国時代から認められるが,それが概念的に明確化されたのは,ドイツ王国(神聖ローマ帝国)においてである。すなわち聖職叙任権闘争期に,俗権と教権の範囲を明確に限定する必要が生じ,すなわち1111年のストゥリ協約によって,大公領・辺境伯領・伯領(具体的にはこれらの任命権),貨幣鋳造権,関税徴収権,市場開設権,裁判権,王宮とその付属物,ミニステリアーレ,帝国直属城塞がレガーリエンに含まれるとされ,とくに帝国教会財産に関し,従来国王から教会に与えられていたすべての高級官職,裁判高権と軍事高権,すべての重要な財政上の権利が,レガーリエンに属することが確認された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

レガーリエンの関連キーワード北ヨーロッパ城館西ヨーロッパ東ヨーロッパ南ヨーロッパヨーロッパトルコヨーロッパロシア領主権ヨーロッパ通貨機構ヨーロッパ級

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone